出張先にて

また新たな検討会

あまり新大阪では利用しない時間帯。
 
Dsc_0946
 
駅構内は結構空いていることを発見。
まぁ発見しても利用しないわけですが(笑)。
18~20時に開催される厚労省の
「今後の医師養成の在り方と地域医療に関する検討会」
に向かって移動開始です。
今日が第1回目。
単に専門医制度のことではなく、
一貫した医師養成のあり方を話し合うと聞いていますが、
それにしてもあちらこちらに似たような会議体が多すぎます。
重複するテーマが多いので、
同じ問題が複数の検討会で話し合われているのが現状なのです。
どんな会議になりますことやら。

|

札幌は冬!

札幌は冬のようです。
昨日の朝は雪が降っていたようですが、
今日は冷たい雨。
コートを持って来なかったので、
風邪ひきそう。
というぐらい、気温が低い…。
 
Dsc_0941
COMLの理事を務めてくださっていて、
日本プライマリケア連合学会の副理事長でもある、
北海道家庭医療学センター理事長の草場鉄周さんの依頼で
講演にやって来ました。
いくつかのクリニックと中継して講演を聴いてくださるそうです。
北海道家庭医療学センターで働く医師の方々は学生時代から知っている方が多く、そもそも草場さんは京都大学医学部3年生の頃からのお付き合いです。
そんなこともあり、とてもアットホームな気分です。
 
草場鉄周さんと、栄町ファミリークリニックの皆さんと。
 
Dsc_0943_2
 
講演会とその後も盛り上がりました。
楽しく、熱い思いの皆さんです。
翌4月20日。
今朝2℃。
寒いのなんのって。
寒さから少しでも早く脱出しようと
1本早いエアポートを目指して出発したところ、
そのエアポートが運休。
寒いホームで15分耐えることに。
道内は雪が降っている所もあるようです。
午後は再び東京。
半年中断していた厚労省の医師需給分科会、
そして引き続き社会保障審議会医療部会。
いずれも、どんな展開になることやら。

|

京都、東京を経て札幌へ

今日の最終目的地は札幌ですが、
京都と東京で「途中下車」して、
京都府立医科大学認定再生医療等委員会に出席し、
東京大学大学院医療コミュニケーション学で講義をします。
 
関西は朝には天気が回復。
鴨川の水は濁っていましたが、
柳の緑が輝いていました。
 
Dsc_0940
今から東京へ移動。
天気予報では最高気温28度とか。
一方、札幌の最高気温は10度…。
私が着くのは夜遅いので
5度を下回っているかもしれません。
気温差20度か…。
気合い入れよ。

|

京都薬科大学

開花の遅かった京都では、
垂れ桜がまだ残っていました。
 
Dsc_0939
京都薬科大学3年生の講義
「医療の担い手としてのこころ構え」でした。
1学年360名もいるので、
2回に分けて午前中の2コマ話してきました。
終わってから、質問や声をかけたくれた学生さんが複数いて、
手応えを感じました。
さぁ、事務所に戻ると、
今度は大阪薬科大学の学生さんたちが実習にきています。
今日は薬学生Day(笑)?

|

大阪、京都で桜が満開に

4月10日は、京都大学の医の倫理委員会でした。
事務所を出発し、京阪本線「淀屋橋」に向かう途中、
大阪市中央公会堂をバックに大川沿いの桜が満開。
 
Dsc_0921
出町柳駅に到着すると、鴨川沿いも。
 
Dsc_0925
 
そして、京都大学医学部では、
芝蘭会館横の桜が見事。
 
Dsc_0926
 
今年はお天気に恵まれず、
青空に映えていないことのみ残念でしたが、
慌ただしく移動しながら、出会えた満開の桜、桜でした。

|

4月9日

日曜ながら、今日は講演ダブルヘッダー。
まず、朝一番は、大阪南港にあるコスモスクエア国際交流センターを会場に
関西医大の研修医オリエンテーションで特別講演。
 
17880083_776674495843492_3536040239
研修を支えるタスクの医師が多く関わっておられるのですが、
その方たちの方が反応してくださって、
終了後に次々控え室にいらして質問や感想を伝えてくださいました。
中に、12年前の研修医時代、COML事務所での1週間研修に参加した方がいらして、
ご挨拶くださり、とても懐かしい再会を果たすことができました。
こうやって繋がり、ネットワークになっていくんですね。
出逢いと繋がりは本当に大切な宝です。
 
午後は京都府医師会主催の医療安全シンポジウム。
今年で14回目だそうで、私はここ数年毎年お招きいただいています。
 
17880282_776834282494180_5667766587
今日の役割は、基調講演とシンポジウムでのシンポジスト。
その間に、吉本の池乃めだかさんの
「めだかが泳ぎ続けて50年」という特別講演があり、
脳動脈瘤の手術経験などを笑いを交えながら話されました。
話を聞きながら、先に基調講演で良かったぁ~。
この後だったら、やりにくかったなぁ、とつくづく(笑)。
終了後には、悩みを抱えた方々の個人相談が続き、
関係者との短い歓談を終えてJR二条駅のホームに着くと、
参加されていた方から声をかけられ、
京都駅までしばしご家族のことでご相談。
やはり、皆さん何か問題を抱え、
少しでも情報を得たくて参加されているんですね。
お話伺いながら痛感したのでした。

|

4月8日

島根県ではこの時期、
県内の1年目の初期研修医全員を集めて、
一泊二日の「しまね初期臨床研修医合同研修会」を開いています。
 
Dsc_0933
島根県医師会としまね地域医療支援センターが主催で、
島根大学医学部の教授や研修医がいる地域基幹病院の院長も出席し、
まさに県をあげて研修医を育てていこうという取り組みです。
 
私は初回から毎年お招きいただいていて、
フレッシュな研修医の皆さんに講演し、
ワールドカフェでディスカッションにも加わり意見交換しています。
 
今年は昨年より10数人多い61名。
講演で前に立った瞬間、熱意と真剣さに満ちた視線を感じ、
とても充実した時間となりました。
時間がタイトで、
司会者が「どうしても質問したい人だけ受けつける」と言っても、
必ず手が挙がるところにも、
それが表れていた気がします。
素敵な出逢いとなりました。

|

4月7日

「最近ブログはやめたんですか?」というお声に反省し、
できるだけFacebookの転記に努めます。
 
今日は伊勢赤十字病院の新卒オリエンテーションで講演でした。
こちらは、約20名の研修医と看護師をはじめとする医療スタッフの合計80名ほど。
毎年熱心に耳を傾けてくださいます。
 
講演の終盤、講堂の扉の方から、
あまり勢いのないゴキブリがそろりそろりと入ってきたのが見えていました。
そして、研修医さんの足元を通り過ぎて行き…。
話しながら、ゴキブリの登場を伝えるべきか否か…と頭の中で交錯。
言ったらパニックになるかなぁ、と…。
そこに、思わず息を飲む女性。
あぁ、気づいてしまった(笑)。
そこで、事実関係を私から説明。
研修担当のスタッフがティシュで捕まえるまで、
しばし会場は騒然と。
いろいろ起こります(笑)。
 
さて、
COMLのホームページでご紹介している
「番外COML史『賢い患者』を更新しました。
http://www.coml.gr.jp/kashikoi-kanja/010.html
 
よろしかったらお読みください。

|

初めて南相馬へ

10月7日(金)
福島県の南相馬市立総合病院の院内研修会に会招きいただき、講演でした。
 
Dsc_0608
 
この病院は海岸から3㎞離れていて、1㎞のところまで津波が押し寄せたそうです。
病院の4階からは、津波で何もなくなった2㎞地点が臨めます。
 
Dsc_0613
そして、福島原子力発電所から23㎞の位置にあり。
一時は人も物資も入らなくなったそうです。
講演翌日の今日、午前中を利用して、
東日本大震災発生からの南相馬の当時の様子、
そして現在の課題など、金澤幸夫院長にインタビュー。
会報誌で内容をご紹介しようと思っています。
講演にとお声掛けくださった医療安全管理部の担当者も交えて記念撮影。
 
Dsc_0614
その後、津波で18メートル浸水したという火力発電所がある海岸へ。
 
Dsc_0623
この火力発電所は、震災直後、火災も発生したそうです。
雨のなかサーフィンしている人もいましたが、
かつてシーサイドパークがあったという場所は根こそぎ津波の被害を受け、
跡形も残っていませんでした。
 
Dsc_0622
昨夜、入られるようになったという
福島原発から20キロの場所にも連れていってもらったのですが、
電気のついている家屋は本当にわずか。
人があまり住んでいないのに、
街灯と信号は数多く点灯している違和感。
街に人の気配が感じないとはどういうことかを実感しました。
既に5年半が経過しているとはいえ、
やはりその場に行って感じ、
理解することの大切さを感じた出張の旅となりました。

|

8月2日

厚労省で開催された
「独立行政法人評価に関する有識者会議 国立病院ワーキンググループ」
に午後一番から出席。
2年前までは外部評価委員会だったのですが、
法律の改正で名称と役割が変わりました。
 
143病院という日本で最も大きな病院グループの国立病院機構の
昨年度の取り組みや財務状況の説明を受け、
自己評価に対する意見を述べる会議です。
次の予定の関係で中座しないといけなかったので、
時間ギリギリまで意見表明。
 
そして今、
新幹線で名古屋に向かっています。
大同病院という病院での院内研修会で講演です。
よって、今日は東京から名古屋への日帰り出張となります!

|

より以前の記事一覧