日記・コラム・つぶやき

COMLの言葉の流儀

「読み始めたばかりですが、
バッサバッサと最近の言葉遣いを切っていて(うまく言えませんが)、おもしろい!
ついつい山口さん(私の上司)を思い浮かべて、
ニヤニヤしてしまいます。
山口さんの感想を聞きたいなぁ。
でもお渡ししても、
忙しすぎてお読みになる時間ないだろうなぁ」

これは現在、育休中のCOMLスタッフのFacebook投稿。
「ふむふむ、なんだ?」とすぐに購入して、
何とか時間をやりくりして読了しました。
『社会人としての言葉の流儀』(川村二郎著、東京書籍)です。

投稿したスタッフは、
10数年前に大学院修了しての新卒でCOMLに入職。
大学時代に2年間のボランティア、アルバイトを経て
このスタッフより1年前に入職したもう一人の新卒のスタッフ共々、
ともかく言葉遣いはうるさく注意してきました。
何と言っても、COMLは全国から電話相談が届き、
さまざまな問い合わせも電話で入ります。
なので、流行り言葉は一切禁止、
正しい日本語を使うように口うるさく言ってきました。
当時は私も今ほどには丸くなかったので、
言葉遣いだけではなく、
仕事の仕方、来訪者への対応、礼儀作法などなど、
鬼軍曹上司だったのだと思います(笑)。

小学生からの英語教育という話を聞くたびに、
その前に日本語でしっかりと考え、
話し、書けることが大切でしょというのが私の持論です。
それだけに、特に言葉遣いは厳しかったのだと思います。

「1こ違い」は「1歳違い」と助数詞を正しく使うことはもちろん、
「~みたいな」「~かも」「私的には」
「~のほう」「よろしかったでしょうか?」など一切禁止。
「おっしゃられて」は二重敬語だから「おっしゃる」でいい。
どんな年代の方からの問い合わせや相談にも、
言葉は正しく丁寧に、と。
これは自らも常に問われることなだけに、
結構私自身も気を遣ってきました。

しかし、年々日本語は乱れるばかり。
最近は「大丈夫」の大合唱が気になって仕方ありません。
宅急便の集荷にやってくる配達員は、
入ってくるなり「大丈夫ですか?」。
それを聞くたびに「あなたに案じてもらうことは何もない」と言いたくなります。
なぜ、「今日は集荷する荷物はありませんか?」と言わないのか。
コンビニのレジでも、「レシートは?」と聞くので、
「結構です」と返事したら、「大丈夫ですか?」と言われる。
いったい何がご心配ですか? と言いたくなります。

常日頃、そういうことを言っている私と同じようなことを
バッサリ切っているこの本を読んで、
私のことが頭に浮かんだということが、
よ~くわかりました。

原稿は書くものであって、打つものではないという件があり、
私もかつては一度手書きしてからキーボードを叩いていたのを思い出し、
「最近はいきなりキーボードを打っているけど、
これは時代の流れのなかで仕方ないなぁ」
「今、まず手書きしていたら、時間足りないな」
と思う部分もありましたが、
改めて最近の私の言葉遣いは問題ないだろうかと見直して、
襟をたださなければと思わせられた1冊でした。

さて、この本を読むきっかけになったCOMLスタッフ。
現在、もうすぐ1歳の息子を連れて、
週に一度の職場復帰訓練中です。

子どもは滅多に会うことのない私に接すると、緊張した眼差しを向けてきますが(他のスタッフには常に笑顔らしい)、
「何か言いたいことがあったら、この事務所ではきちんと言語化してね」
と今から注文をつけております(笑)。

|

研修医のCOML研修

今日から1週間、
りんくう総合医療センター(泉佐野市)2年目の研修医二人が
COML研修にやって来ました。

先日開催したミニセミナー患者塾に参加し、
残りの5日間は電話相談に届く声を聴くことを中心に研修してもらいます。

いつもは最終日に研修医同士で患者と医師役に分かれてトラブル設定のロールプレイし、
その後に模擬患者と医療面接の実習を受けてもらい、
最終的にリポートを作成するというのがプログラムです。

今週は私が事務所にいるのが今日だけで、
名古屋で在宅ワークをしている模擬患者の担当者も産休直前なので、
初日ながら私が在室している日にロールプレイと
模擬患者による医療面接を行ってもらいました。





二人とも真剣に取り組んでいます。

| | コメント (0)

関西人の距離感

患者の受診の心構えを紹介しているCOMLの
『新 医者にかかる10箇条』を注文してきた高齢の女性。
何と電車で10箇条を読んでいる人がいたので、
見知らぬ人にもかかわらず、
「それは何?」「どこが出しているのか?」と尋ね、
全ページ見せてもらったそう。

「当たり前のことだけど、大切なことが書いてある」と言ったら、
見せてくれた人が親切に「ここに電話すれば注文できる」と電話番号を教えてくれたと
。他人が読んでいる本を覗き込んで尋ねる人も、
電話番号まで教える人も、まさに関西人。
何たる対人距離の短さ(笑)。

そういえば、私は以前、信号待ちをしていたときに
見知らぬ人から「ビジュアル系って、どういう意味ですか?」
と尋ねられたことがある。
あるときは、地下鉄車内で横に立っていた人から
「あの吊り広告の健康飲料は何と読むんですか?」と聞かれたことも。
事務所の入っているビルの玄関に立っていると、
小学校低学年と思しき男の子がわき目も振らずに自転車を押しながら私に近づいてきて、
「この自転車のチェーン外れたから直してください」…。
こういう話題に事欠きません。

あまりズカズカ入り込んでくる性質は、
私は得意ではないんですけど…。
ただ、人見知り度ゼロというのは、
関西人と関係するのかもしれません(笑)。
そんな関西を抜け出して、
今日は東京都立病院経営委員会に出席してきま~す!!

|

総会・拡大患者塾

2015年度COMLの総会。
その後、拡大患者塾として、
25周年を迎えたCOMLの取り組みについて、
参加者で語り合いました。
現在、各グループから発表中。



終了次第、
場所を堂島ホテルに移して25周年記念パーティです。

|

連休に気分転換

慌ただしい日常のデトックス。
自然の中に身を置きたくて、連休の一日ウォーキングに。

Dsc_0344

湖の畔、緑が眩しい中、鳶や鶯、小鳥たち、
時には殿様ガエルの鳴き声を聴きながら空っぽになる時間。
春だな~。

Dsc_0341


かつて、ウォーキングと言えば30~35㎞は必ず歩いていたけど、
流石に最近は距離を歩き慣れていないので、
今日も20~25㎞ぐらいに自重(笑)。

1時間に1本の新快速を待つ間、
対面のさまざまな緑を楽しみました。

Dsc_0350


ただ、疑問なのは、駅前のガリバー。
なぜ、近江高島駅に?

Dsc_0345_2

|

事務所は春

1

事務所に出てきたら、春が届いていました。
真冬に咲く山形県の「啓翁桜」。
可憐な姿に引き締まった気持ちで華やぎます。

|

日本国宝展

芸術の秋2日目は、
東京国立博物館で開かれている「日本国宝展」。
前期、後期のチケットをいただいていたのに、
前期は時間が取れず、
後期は何としてもと画策していました。

明朝の会議のため、今日は移動だけだったので、
昼間に東京に着くように移動。
ところが、博物館に着くと、長蛇の列。

Dsc_0227

入館まで80分待ちと…。
う~ん、80分…。
気になる仕事があるんどけど…。
いや、今日を逃すと後がない。
こんなときしかできないことをして、80分過ごそ。

ということで、入館後は閉館までの2時間、
貪欲に観賞してまいりましたです。
内容も良かったし、
歴史の勉強し直したくなりました。

80分+120分、パンプスだったけど、
立ち慣れていて、これまた良かったです(笑)。

|

月を愛でる

何とか午前中の時間を捻出して、
気になっていた美術展・逸翁美術館の「月を愛でる」へ。



古来より人の心を揺さぶってきた月。
和歌や書、絵画、器など、
さまざまに表現された月に触れてきました。

月はいいなぁ。
心で感じるものだなぁ、と改めて実感。

|

色校正

数日ぶりに事務所に出ると、
子どもの「いのちとからだの10か条」小冊子の色校正が届いていました。



1枚ずつバラバラのが「色見本」、
冊子状になっているのが「束見本」というそうです。
耳で聞くと「掴み本」かと思った(笑)。

近々、無料配布を始めます‼︎

|

更に日経新聞電子版に転載

昨日ご紹介した新しいwebサイト「日経Gooday」。
昨日のお昼頃に日経BP社の担当者から連絡があり、
「日経新聞本社から突然、山口さんのコラムを日経新聞電子版に転載したいと連絡があった」と。

夕方から伺った近江八幡市立総合医療センターでの講演終わって
確認したら18:00にアップされていました。

あちこちでご紹介いただけるなんて、有難い…。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK10H1Z_Q4A011C1000000/?dg=1

|

より以前の記事一覧