ニュース

横浜市の講演会にご参加ください!!

横浜市が市民の方々に地域医療構想に関心を持ち、
横浜市の医療・介護の問題を考えてもらおうと開く講演会です。

Img1200949370001


Img1200949470001


講演の演者は3名で、
私もその1人としてお招きいただいています。

2025年まで8年を切りました。
一人ひとりが自分の問題として考えないと、
医療・介護の切れ目のない地域包括ケアは実現しません。

より多くの方に参加してもらいたいと、
横浜市から広報の協力を頼まれました。
ご関心がおありの方にご紹介ください。

|

事務所の春とホームページの新しいコーナー

相次いでCOML事務所に春が訪れました。
ご支援くださっている方が土曜日に届けてくださった
水耕栽培のヒヤシンス。

Dsc_0765_2


そして、今日届いた啓翁桜です。

Dsc_0762


事務所が一気に華やいでいます。
私が在室できるのも今日までなので、
楽しませてもらぅています。

さて、今年6月にCOML創始者・辻本好子の七回忌を迎えるのを機に、
1994年から16年にわたってCOML会報誌に綴ってきた
「辻本好子のうちでのこづち」を
ホームページでご紹介するコーナーを設けました。

http://www.coml.gr.jp/

1月6日に1994年分をアップしていますが、
今後、1月ごとに1年分ずつ順次アップしていく予定です。
ぜひご覧ください。

それに併せて、
般社団法人 チーム医療フォーラム(http://teamforum.or.jp/)が発行している
季刊誌『ツ・ナ・ガ・ル』に2014年から私が連載している原稿を
同法人の了承を得て転載することにしました。
連載は縦書きの段組みなのでネット上では読みにくいため、
体裁は変更しています。

私がCOMLで活動するきっかけになった闘病体験、
辻本好子との出会い、COMLで大切にしてきた想い、
活動内容、乳がんと胃がんを患った辻本好子のことなど、
COMLのことが別の角度からご理解いただけるのではないか
と考えて作ったコーナーです。
連載は今後も続きますので、
随時アップする予定です。
少し肩の力を抜いて書いた文章ですので、
よろしかったら、こちらも覗いてみてください。

|

東京での電話相談ボランティアスタッフを募集します!!

COMLでは、
電話相談活動を東京でもおこなう方向で準備を始めました。
時期は、2年後のスタートを目指しています。

そこで、電話相談ボランティアスタッフ候補者を募集し、
名乗りを挙げてくださった方には今年度中に基礎研修を受けていただき、
来年度から実践的な研修をおこなって、
相談スタッフを養成していきます。
既に数人の候補者がいらっしゃいます。

電話相談という大切な役割なので、
手を挙げてくださった方に誰でもどうぞというわけにはいきませんので、
一定の研修を経て、
活動をおこなっていただくかどうかは、
その後の相談になります。研修内容を含めて、
ご関心がおありの方は、
直接お問い合わせくださいませ。
あるいは、適任と思われる方をご紹介いただければ嬉しく思います。

東京での相談活動を考えた理由はいくつかあり、
大阪で対応している現在でも関西より関東からの相談が若干多いこと。
東京方面のほうが相談スタッフ候補者が多いこと。
そして、私が週の半分以上、東京に滞在していて、
養成に力を入れることができること、などです。

ちなみに、COMLでは一部のボランティア活動を有償化しています。
電話相談スタッフの場合は、1日3,000円+交通費実費という安価ですが、
長く続けていただくためには必要と感じて、
かなり早くから実施してきました。
模擬患者や病院探検隊も金額は異なりますが、有償ボランティアです。

相談活動を実施する場所はまだ未定ですが、
認定NPO法人になったことで、
場所の提供をファンドレイジングし、
提供してくださった団体は場所の提供領分を寄付扱いとして
経費にしていただくことができるのです。
これから提供団体も探していく予定です。

|

医療で活躍するボランティア養成講座第8期生募集中!!

現在、新たな取り組みとして、
医療に関する検討会や委員会などの
「委員養成・バンク化構想」を企画中です。

その基礎コースとなる「医療で活躍するボランティア養成講座」
の第8期受講生を募集中です。
委員養成講座は基礎コースを終えた方の
アドバンスコースにする予定です。

今年度はすべて東京会場で、
夏期コースと2つの日曜コースを設けました。

「volunteers2016.pdf」をダウンロード

合計5回の講座ですが、
コースをまたがってのご参加も可能です。
多くの方々のご参加をお待ちしています。

|

「認定NPO法人」になりました!!

かねてより申請していた「認定NPO法人」が7月1日に認証されました!!
これで、より公益性の高いNPOとして認められたことになります。
ひとえに多くの方々のご支援の賜物と、
心よりお礼申し上げます。
新たなステージへの一歩を踏み出し、
更に更に発展できるように努力を重ねて参ります。
今後とも、どうぞよろしくご支援のほどお願い致します。
 
認定NPO法人になったことで、さまざまなメリットが生まれます。
社会的信頼性が向上することはもちろんですが、
税制優遇されるので、
継続的な寄付金が集めやすくなるのです。
まず、個人としてCOMLに寄付してくださった方は、
確定申告することによって、
税金の還付を受けることができます。
賛助会員の方は賛助会員費=寄付金となります。
控除される額は、「(寄付金額-2,000円)×50%」です。
 
 
一方、法人が寄付してくださったとすると、
経費にできる寄付金の限度額が高くなります。
COMLでは「団体賛助会員(年会費3万円)」もつくっているので、
ぜひ多くの医療機関や団体に団体賛助会員になっていただきたいと
これから働きかけを進める予定です。
 
また、相続人が認定NPO法人に寄付をすると、
寄付をした相続財産が非課税になります。
3000万円の相続財産があり、
そのうち800万円を認定NPO法人に寄付すれば、
相続税の課税対象額は2200万円になるということなのです。
 
COMLでは今後、さまざまな形のファンドレイジングメニューを作り、
皆さんに呼びかけていく予定です。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

|

文化放送に5月4日出演

先日、文化放送のインタビューを受けたのですが、
何と日比谷公園での野外インタビューでした。

1461970171519

始めから野外のはずではなかったのですが、
アテにしていたお店が貸切だったため、仕方なく。
途中、ヘリが飛んできて中断したり、
周りで遊んでいる子どもたちを眺めながら話したり、
なかなかできない経験でした(笑)。

その内容が、5月4日(祝)17:00~17:13に放送されるそうです。
文化放送「ニュースパレード」という番組です。

http://www.joqr.co.jp/index.php

ラジオ大阪やインターネット同時放送のradiko.jpでも聴けるとか。
今、求められる医師の資質、医学教育についての特集です。
13分間の内、どのぐらいインタビュー内容が流れるのかはわかりませんが、
お時間おありの方、よろしかったらお聴きください。
そして、ご意見お聞かせくださいませ。

|

委員養成・バンク化構想始めます!

2015年から始まっている地域医療構想、行政の各種委員会、
病院の倫理審査委員会、学会の診療ガイドライン作成など、
さまざまな分野で今、
専門家ではない一般の立場の委員のニーズが高まっています。
しかし、会議の性格上、医療に関する一定の知識、
求められている役割を理解していることなどが求められます。
これからますます高まるであろうニーズに、
委員候補を養成し、必要に応じて紹介できる
“バンク化構想”を現在計画中です。
そこで、今年度
以下のようなトライアルの講座を開催することにしました。
トライアルは小規模でおこなう予定で、
東京で開催したCOMLの「医療で活躍するボランティア養成講」
の修了者を中心に案内してきたのですが、
若干名余裕があります。
何と、今回は参加費無料!! 
ご関心おありの方、ぜひご参加ください!!
 
 
倫理審査委員養成講座のお誘い
 
◆スケジュール
①5月14日(土)14~16時
・市民の委員が必要とされる現状、倫理審査委員会の役割について学ぶ
②5月28日(土)14~16時
・研究計画書(プロトコル)や患者向け説明文書を読んで意見を考えよう
③6~7月に2回程度
・倫理審査委員会の傍聴をしてみよう(東京大学、慶應義塾大学など)
④7月31日(日)14~16時
・ここまでの振り返り、倫理審査委員会傍聴報告会
⑤9月3日(土)終日
・模擬倫理審査に挑戦してみよう(再生医療など)
◆参加条件
・全回参加(倫理委員会の傍聴は複数の候補で調整します)
・患者・市民の立場であること(医療の専門家はご辞退願います)
・患者・市民として倫理審査委員になることに関心があること
・応募時に参加動機について800字程度のリポート提出
・修了時に課題に応じたリポート提出
◆会場
TKP品川カンファレンスセンター
◆参加費:無料
◆お申し込みはCOMLまで coml@coml.gr.jp
共催:AMED再生医療の実現化ハイウェイ「再生医療研究における倫理的課題の解決に関する研究」(代表:東京大学医科学研究所)・NPO法人ささえあい医療人権センターCOML

|

慶應義塾大学病院改革の途中経過

以前、このブログでも、
で慶應義塾大学病院の病院改革として
院長特命タスクフォースにかかわっていることをご紹介しました。
11月に病院探検隊が実現し、
そのときのフィードバックの内容も改革の柱に据えてくださっています。
今回は、改革の「その後」を会報誌2月号の「COMLメッセージ」でご紹介しましたので、
会員以外の方にも公開しようと以下に貼り付けます。
長文ですが、よろしかったらご一読ください。
想像していたよりスピーディに改革に取り組んでおられます。
COMLメッセージ No.58
慶應義塾大学病院改革の嬉しい途中経過
病院長の権限強化
 まさかこんなに早く途中経過を報告できるとは、思ってもいませんでした。慶應義塾大学病院の病院長特命タスクフォースの“その後”です。会報誌No.304(2015年12月号)「COMLメッセージ」でご紹介したように、慶應義塾大学病院の病院長特命タスクフォースが立ちあがるきっかけになったのは、臨床研究中核病院に名乗りをあげて、厚生労働省(以下、厚労省)から「待った」がかかったことでした。「ガバナンス(統治)・組織体制、利益相反マネジメントの見直しが必要」「被験者保護(患者目線)の視点で意識改革が必要」というのがその理由。そこで、まず病院自らの作業として、組織体制の見直しをおこない、病院管理者(病院長)の権限・責任をより強くするために、病院規程の変更をおこないました。
 以前から報告しているように、昨年、私は厚労省の特定機能病院等の医療安全に関するタスクフォースの顧問として、特定機能病院84病院の内、22病院の集中立入検査に同行しました。そこで実感したのは、大学病院では人事や予算をはじめとする重要な運営の決定権は大学本部理事会が持っていて、病院長にはほとんど権限がないということです。そのため、何か病院長が問題点を把握しても、自ら前面に出て対処することができず、ガバナンス機能を発揮することが難しいという現状を目の当たりにしました。
 そこで慶應義塾大学では理事会で病院規程の見直しを諮り、新たに以下の内容を加えました。
第5条3項
病院長は病院管理者として大学病院を代表し、病院業務全般を統括する。
第5条4項
病院長は、大学病院で行われている教育、研究について、その実施を許可し、停止を決定する。また、実施状況について報告を求め、是正改善等を命ずることができる。
第15条5項
病院長は必要な場合にいつでも診療科部長等の権限を停止し、代行者を指名することができる。
 これだけでも、病院長に付託された権限は大きく変わると思います。
幹部が先頭に立ってあいさつ活動
 11月16日に実施した病院探検隊のあと、12月18日、1月19日と月1回のペースでタスクフォースの会議が開催され、病院改革について話し合ってきました。とくに病院探検隊のフィードバックで指摘した内容を柱に改善点がまとめられ、できることから迅速に実行。
 まず、「医療者が主人公」で「あいさつ、声かけがほとんどない」という病院探検隊の指摘を受け、病院幹部が12月から毎朝病院玄関に立ち、患者さんとしっかり視線を合わせながらあいさつをするという取り組みを実施しました。あいさつ行動初日、患者さんのなかには「今日はいったい何ごとですか?」と訝る人もいたようですが、次第に患者さんからもあいさつが返ってきて、コミュニケーションへと発展しつつあるようです。一方、職員の通用口にも幹部が立って、朝の挨拶。イヤホンを入れたまま黙って通り過ぎたり、目線を合せようとしなかったりする職員も最初は多かったようですが、最近ではあいさつが返ってくる頻度が増えたと言います。「そんなこと当たり前じゃないか。小学生でもやっているよ」と思われるかもしれませんが、多くの医療機関では職員同士のあいさつがないことが幹部の悩みの種だったりするのが現状なのです(哀しいことですけれど……)。
 12月18日の会議前日、少し時間ができた私は、慶應義塾大学病院に立ち寄り、“一人探検隊”よろしく院内に変化を感じることができるかどうか、ウロウロしてみました。すると、探検隊のときには一切声かけがなかった病棟で「今日は。どちらにご用ですか?」という声かけを複数受けたのです(これも当たり前と言えば当たり前ですが……)。ただ、残念ながら声をかけてくれたのは管理職層で、まだまだ若いスタッフにまでは浸透していませんでした。でも、変化の兆しは感じられました。
 さらには、病院初めての取り組みとなる(!)患者満足度調査の実施、「慶應義塾大学病院の連携先の病院や施設が問題点を感じているのではないか」という私の指摘を真正面から受け止めてくださっての連携先病院・施設へのアンケート調査、教職員の意識調査と次々に着手し、「待つことが当たり前」の払拭に向けて、待ち時間の解消のための取り組みも始まっています。
 また、12月の会議の折には、「病院の理念に合わせて、病院機能改革の基本方針を打ち出したい」と病院長から方針(案)が提示されました。もちろん、タスクフォースのメンバーからは文言についてさまざまな意見が出されました。私も文言への意見に加えて、「いくら美しい方針が打ち出されても、一人ひとりの職員が基本方針を実行するために自分が何をしなければいけないのか考えないと意味がない。一人ひとりにそれを問うぐらいおこなってはじめて変革につながるのではないか」とお伝えしました。すると、1月の会議の際には「病院の理念」「病院機能改革の基本方針」「臨床研究実施方針」が明記されたカードが作成されていて、そのカードのなかに「私のミッション」を記入する1面が用意されていたのです。記入日と氏名も明記し、期限を決めて記入の確認をすることになっているそうです。我々の意見に対して、真摯に実行しようとしてくださる病院長とタスクフォース事務局の姿勢に“本気度”を実感しています。
迅速な実行はスタッフの表情まで改革
 1月のタスクフォース会議当日、病院に到着すると玄関前にはそれまでなかった病院案内のパネルが設置され、複数の患者さんが立ち止まって読んでいました。そして玄関を入ってすぐのカウンターが並んでいた一部が改築され、「総合相談窓口」に生まれ変わっていました。
 タスクフォースに参加した当初、「ワンストップの相談窓口を作りたいが、場所はどこが適切か」と問われて、カウンターのなかでも「ここになくてもいいのではないか」という機能だった一部を指摘したところ、ほかの方の意見も同様だったのでしょう。そのカウンターを廃止して、相談窓口にすると聞いていました。会議の日がオープンの日と重なったのですが、「ここがあの殺風景なカウンターの一角?」と見紛うぐらいに、明るい雰囲気に生まれ変わっていました。入口には「難病や療養に関する相談」「がんに関する相談」「治験・臨床研究に関する相談」「その他の相談」と具体的に対応している内容が表示されています。オープンするまで積極的なアピール活動をしていなかったそうですが、明るく入りやすい雰囲気に、当日はぶらりと入ってくる患者さんも結構いらして、臨床研究に関する相談はこれまでの1ヵ月分の問い合わせの半数がたった1日で届いたとのことでした。
 総合相談窓口を入ると4つのブースがあり、プライバシーに関係したり込み入った相談は奥に2つある個室で対応できるように設えてあります。相談窓口にはつねに5人のスタッフ(看護師、臨床検査技師、医療ソーシャルワーカー、事務職員)が待機し、治験や臨床研究の具体的な相談が届くと、CRC(臨床研究コーディネーター)が呼ばれて対応することになっています。
 総合相談窓口以外にも、患者情報室の場所を移転して落ち着いて利用できる空間に変更されていたり、できるだけ広く空間が利用できるように配置を変えていたりで、「こんな短い時間でここまで改革できるんですね」と思わず言ってしまったほどです。そして、何よりも案内してくださるスタッフが、とても誇らしげで嬉しそうに説明してくださることが印象的でした。自分たちが勤めている病院が改善されていくのを実感するというのは、やはり前向きな気持ちになれるのだと思います。スタッフがイキイキしている病院は、患者さんにも前向きな病院として伝わります。まだまだ改革は緒に就いたばかりですが、こんなにスピーディーな変革を遂げているという嬉しい報告でした。

|

皆さま、良いお年を!

本日アップされた日経Gooday
「医療問題なぜなにゼミナール」です。

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/column/14/091100014/122600014/

現在、作成に市民の参加も推奨されている診療ガイドラインについてご紹介しました。
診療ガイドラインと言えば、
日本医療機能評価機構のEBM事業「Minds」なのですが、
あまり一般的には認知されていません。
私は運営委員をしている関係もあり、
少々宣伝の意を込めて(笑)の紹介です。

ということで、本日仕事納めは事務所の大掃除。
コムルのブログも投稿納めと致します。
今年1年、多くの方との出逢いあり、
情報交換あり、
コミュニケーションありと大変お世話になりました。
COMLの仕事はじめは、1月6日です。
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!!

|

慶應義塾大学病院の病院長特命タスクフォース

現在、私は慶應義塾大学病院の病院長特命タスクフォースの一員として
病院改革にかかわっています。

このタスクフォースはなぜ始まったのか、
そのいきさつと役割、
そして実際にかかわってみて私が現在感じていることなどを
COML会報誌12月号(No.304)「COMLメッセージ」に認めました。
記事の内容は以下のPDFの通りです。

「img-Z20125335.pdf」をダウンロード
(ブログにアップできる容量の関係で白黒です。本来は2色刷り)

「COMLメッセージ」というコーナーは、
私がさまざまな役割をいただき、活動をしているなかで、
そのときどきに感じたことや出来事を紹介しています。
あくまで私の所感を綴っているので、
予め原稿を作成した段階で病院の確認は得ていませんでした。
しかし、私としてはかなり赤裸々に突っ込んだ内容を書いたので、
校正の段階で慶應義塾大学病院の竹内勤病院長とタスクフォース事務局に
記事の内容と事実確認の連絡をしました。
正直なところ、内容からすると、
一部ダメ出しがあるかもしれない…と覚悟していました。
その際は、きちんとなぜここまで書いたのか説明して了解を得ようと考えていました。
ところがかなり早い段階で返信されたきた竹内院長からのメールには
「私が拝見したところ、事実確認も含めて文書上気づいたことはございませんでした。
この様な取り組みをオープンにすることは、
私たちの姿勢を示す絶好の機会と考えておリます」
という内容と共に、お礼の言葉が添えられていたのです。
私は、この潔い返信に竹内病院長の“覚悟”と“本気”を感じました。

COML会員の皆さまには、
12ページ会報誌最新号はお手元に届いていると思います。
今回は、この慶應義塾大学病院の取り組みについて
広く多くの方に知っていただきたいと思い、
ブログでもご紹介することにしました。
上記PDFをご一読いただければ幸いです。

|

より以前の記事一覧