« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

委員養成・バンク化構想始めます!

2015年から始まっている地域医療構想、行政の各種委員会、
病院の倫理審査委員会、学会の診療ガイドライン作成など、
さまざまな分野で今、
専門家ではない一般の立場の委員のニーズが高まっています。
しかし、会議の性格上、医療に関する一定の知識、
求められている役割を理解していることなどが求められます。
これからますます高まるであろうニーズに、
委員候補を養成し、必要に応じて紹介できる
“バンク化構想”を現在計画中です。
そこで、今年度
以下のようなトライアルの講座を開催することにしました。
トライアルは小規模でおこなう予定で、
東京で開催したCOMLの「医療で活躍するボランティア養成講」
の修了者を中心に案内してきたのですが、
若干名余裕があります。
何と、今回は参加費無料!! 
ご関心おありの方、ぜひご参加ください!!
 
 
倫理審査委員養成講座のお誘い
 
◆スケジュール
①5月14日(土)14~16時
・市民の委員が必要とされる現状、倫理審査委員会の役割について学ぶ
②5月28日(土)14~16時
・研究計画書(プロトコル)や患者向け説明文書を読んで意見を考えよう
③6~7月に2回程度
・倫理審査委員会の傍聴をしてみよう(東京大学、慶應義塾大学など)
④7月31日(日)14~16時
・ここまでの振り返り、倫理審査委員会傍聴報告会
⑤9月3日(土)終日
・模擬倫理審査に挑戦してみよう(再生医療など)
◆参加条件
・全回参加(倫理委員会の傍聴は複数の候補で調整します)
・患者・市民の立場であること(医療の専門家はご辞退願います)
・患者・市民として倫理審査委員になることに関心があること
・応募時に参加動機について800字程度のリポート提出
・修了時に課題に応じたリポート提出
◆会場
TKP品川カンファレンスセンター
◆参加費:無料
◆お申し込みはCOMLまで coml@coml.gr.jp
共催:AMED再生医療の実現化ハイウェイ「再生医療研究における倫理的課題の解決に関する研究」(代表:東京大学医科学研究所)・NPO法人ささえあい医療人権センターCOML

|

大津市民病院付属看門学校へ

大津市民病院付属看護学校からのご依頼で、
全学年の看護学生さんに講演するため移動中です。
1年生も、ということは、まだ入学して半月ほど。
患者のイメージもわかないでしょうから、
私や創始者の故・辻本好子の患者経験の
具体的例でお話しするつもりです。
午前中の雨の確率は0%を信じて洗濯物干してきたのに、
大阪は裏切りの雨。
大阪駅近くで、
傘を後ろに突き出すように歩く女性が私の前に。
軽く当たって注意喚起しようかと思ったら、
私の歩く速度が彼女より増していて、
グサッと私の脛に命中!!
「痛っ!」思わず声が出たほど。
取れない痛みに脛を見ると、
血が滲んでおりまする。
身体を張った注意喚起は、もうしない、
と誓ったのでした。

|

突然のNHK「ニュースweb」ゲスト出演

3月は15回の講演と22回の会議出席。
ともかく東京滞在が24日間で、移動に移動を重ねた日々。
最後の1週間は、大阪-東京5往復でした。

そして4月。
毎年1日から連日講演が続きます。
まずは、医療法人協和会の入職式。
200名の新入職員が辞令交付を受け、
代表者による宣誓。

1459650236404

そして、私の記念講演でした。

午後一番の講演は千里中央ライフサイエンスセンターが会場。
さすがに入職式は会場中に緊張感が漂っていて、
医療者、社会人としてスタートを切る晴れの日。
講演する私に注がれる眼差しも熱く、
いつも以上に受け止めるエネルギーが必要になります。

講演が終わって事務所に戻り、
「いつになく、疲れを感じる。眠い~(笑)」なんて冗談を言っていたら、
16時過ぎ、NHKから電話が。

「今日から診療報酬改定になるので、それを番組で取りあげようと思っていまして」
電話で何か情報提供を求められるのかな…?
「ニュースwebという23時30分からの番組なんですが」
それなら何度も見たことある。
「今日ご出演いただけないかと…」
「はぁ~? 今日? 私、いま大阪ですよ」
「存じ上げております」
「ち、ちょっと待ってくださいね。
23時30分からと言っても、打ち合わせもあるでしょうから、何時に局入りですか?」
「22時までには…」

滅多にない動揺をしている自分を感じながら、
頭のなかではめまぐるしく時間を計算。
お泊りセットを取りにいったん自宅に帰って、
新大阪に向かうとすれば、ここを何時に出るんだ?
明日の患者塾のスライドまだ作っていないけど、
往復の新幹線車中で間に合うか?
でも、多くの方に伝えたい情報を話せるチャンスだし…

「わかりました。伺います」

ということで、その日の番組に出演決定。
移動の途中で、スタッフから「ニュースweb今日が最終回」の情報を得、
局に着いて、「最終回って、本当ですか?」と聞いたら、
「栄えある最終回のゲストとしてお越しいただきました~!」
とプレッシャーまでいただきました。

12分のコーナーですが、webで見ることができます。
医療機能の分化・連携とかかりつけ薬剤師について主に話しています。
よろしかったら、覗いてみてください。

http://www3.nhk.or.jp/news/newsweb/

|

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »