« 専門医制度を議論する専門委員会 | トップページ | 突然のNHK「ニュースweb」ゲスト出演 »

会議は続くよ、31日まで(笑)

今日も会議が2つ。
午前中は厚労省の看護職員需給分科会。
これは親会として、医療従事者の需給に関する検討会が設置され、
その下に医師分科会、看護職員分科会、
理学療法士・作業療法士分科会が設けられているのですが、
何とすべての構成員です(苦笑)。
歯科は別途話し合われていて、
そちらの需給ワーキンググループには入っていませんが、
親会の歯科の資質向上検討会のメンバーではあるので、
かかわりはあります。
まぁ、全体を見渡すことができるので、
私としては有難いのですが。
地域医療構想で検討されている2025年の医療を鑑みて、
そこに携わる医療従事者の需給を推計し、
対策を立てるというもの。
看護師は人数も多いし、
従事する施設も幅広いので、
推計も並大抵ではありません。
というか、できるのでしょうか? 
と正直思います。
ましてや今年12月に報告書をまとめる予定で、
各都道府県から出された推計を積みあげると…。
更に、12月には地域医療構想は出揃っていないので、
暫定的に考えるとも。
同じような規模、施設数の県でも、
推計にばらつきがあったらどうするのかと質問したら、
「その辺も考慮して…」との回答。
う~ん、だいじょうぶかな…。
午後は、文科省。
課題解決型高度医療人材養成推進委員会。
大学から人材養成のプログラムが提出され、
それを審査する会議です。
一旦役割を終えたのですが、
追加審査が必要になって改めて委嘱されました。
さ、束の間頭をリセットして、臨みます!

|

« 専門医制度を議論する専門委員会 | トップページ | 突然のNHK「ニュースweb」ゲスト出演 »

出張先にて」カテゴリの記事

山口育子」カテゴリの記事