« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

こんな待ち合いの椅子見たことない!

この写真、何だと思われますか?
1448699980844
なんと病院の受付待ち合いです。
こんな豪華な椅子が並ぶ総合待ち合い、初めて見ました!
今日は京都府がん患者団体等連絡協議会が主催する
「がんサロン・ピアサポーター養成講座」での
貴重講演とパネルディスカッションへの参加でした。
その会場が、この豪華な待ち合いがある宇治徳洲会病院だったのです。
宇治徳洲会病院は昨年講演に行っているので、
何の迷いもなく近鉄京都線「小倉」駅から歩いていったら
、目的地には廃墟のような病院が…。
今年5月に新築移転したとわかり、
急きょ、タクシーで移動。
見違えるような美しい病院になっていてびっくりしました。
その一つがこの待ち合い、というわけです。
養成講座は、
前向きで素敵ながんを経験された方々に迎えていただき、
なかには約20年ぶりの再会もあり、
とても充実した半日になりました。

|

三連休の三連講演

世の中は三連休だったようですが、
私は予定が目白押しでした~。
11月21日は堺のベルランドピアノ病院で開催された講演会のあと東京へ移動。
22日(日)はまず午前中は海浜幕張にある幕張メッセへ。
Photo_3
第10回医療の質・安全学会学術集会が開かれました。
私はパネルディスカッション1
「医療機関における良きガバナンス
質と安全を担保できる組織はどうしたら作れるか」で発言。
そして、午後は東大本郷キャンパスに移動して、
医学部図書館会議室で「医療で活躍するボランティア養成講座2」。
Photo_4
3時間の講座ですが、20名強の熱心な参加者で、
17時に私が話し終わった後もご意見が絶えず、
10分ほど延長して終了。
今回の内容は「医療を知る」。明治維新以降から現代までの医療の歴史、
医療機関や医療者の種類、医療の課題などをお伝えしました。
そして、そのまま羽田空港に移動して、一路鹿児島へ!
今日23日は朝8時から打ち合わせ。

Photo_5
そして、9時から11時半まで、
日本薬剤師会学術大会分科会11「これからの薬剤師業務」。

Photo_6

シンポジストで、まずは30分の発言。
その後のシンポジウムでもご質問いただいて
更に発言してまいりました。
学会のハシゴ(笑)となりました~。
いったん、大阪に戻ります!!

|

時期診療報酬改定の基本方針が医療部会の議題

午前中、厚労省の社会保障審議会医療部会でした。
テーマは「次期診療報酬改定の基本方針の検討について」。
前回も骨子案についてのさまざまな意見が出されたので、
今日は予定より40分近く早く終わりました。
私は、「患者本位の医薬分業を実現するための調剤報酬の見直し」として、
「かかりつけ機能を発揮していない門前薬局の評価の適正化を進める」
と記されていることについて、
薬局薬剤師の役割を知り、
かかりつけ薬局の機能を理解できれば医薬分業の意義は理解できるけれど、
一般的には院外処方になることで患者の経済的負担が重くなる現状に
疑問や不満を持ちがちであることに触れ、
その視点からの調剤報酬の見直しも必要ではないかという点。
そして、将来を見据えた課題の中に、
「国民が主体的にサービスを選択し、活動することが可能になるような環境整備」として、
予防・健康づくり、セルフメディケーションと並んで
唐突に「保険外併用療養費制度の活用」が出てきたことに疑問を呈し、
具体的には何のことかと質問しました。
恐らく「患者申し出療養」を想定されていると考え、
「経済的に豊かな人だけが恩恵を受けられるような内容であれば主体的に選択できない」
「保険外併用療養性制度は経済的な患者負担が重くなるので、
留意して議論していただきたい」とお伝えしてきました。
そのような中、激しい意見が出たのは医療団体委員から。
事務局が参考資料として提示した資料の中に、
「医療費の伸び率の要因分解」があり、
平成26年度の診療報酬改定が0.10%と記されていたのです。
これは消費税増税の対応を入れた数字。
実質は「△1.26%」なのに誤解を生むではないか、と。
実際に、この資料が事前に公表されたことで、
NHKがニュースで「直近3回の診療報酬改定はプラス改定」
と昨日、今日報道したそうなのです。
訂正と正しい情報提供のあり方を求めて激しい追及が一部ありました。
外へ出てくると、清々しい青空。
1447901806702
日比谷公園の銀杏は一部美しく紅葉し、
青空に映えていました。
午後、打ち合わせや取材を受けて、
今日は夕方から東京大学の
「全学自由研究ゼミナール 日本の医療の光と影 
~医療と福祉の現場から考える現代社会」という自主ゼミナールで講演予定。
駒場キャンパスに伺います。

|

50歳のメモリアルデイ

昨日、2015年11月10日は50歳の誕生日でした。
9日松本、11日長野で講演があり、その狭間に空いた1日。
珍しくお休みをもらって、一日ゆったりと楽しみました。
サンクゼールの丘で、ぶどう畑を見学して説明を受け
1447146620073
タイミングよく遭遇した赤ブドウ絞りを見学
1447201480945_2
赤ワインは、このように発酵させた後
1447146603757_2
機械で絞ります。
見事な色の原酒~
1447201469064_2
それを試飲させていただきました。
1447201413834_2
結構、濃厚。
美味しかったです~。
そして、今度は本当に試飲。
結構、飲みました(笑)。
1447201317512_2
その後、またまたワインを飲みながらお食事を堪能しました。
幸せな一日でございました。
今朝は、朝少し早く準備を済ませ
善光寺までお散歩。
1447201296005_2
4年前のお正月に一度来たことがありますが、
そのときは人、人、人で…。
今日は、空気の澄んだ気持ちのいい朝でした。
1447201273159
そして、今日の仕事はJA長野厚生連の医療安全講習会。
2時間の講演を含め、15:40まで。
長野駅に近いからと16:00発の特急で帰阪する予定だったのですが、
質疑応答が延長。
16:50に会場を飛び出てタクシーで送ってもらい、
特急に飛び乗ると同時に発車しました~。
主催者の皆さま、ご迷惑をおかけしてすみません!!

|

初めての宇和島

午前中、
愛媛県薬剤師会宇和島支部主催の市民公開講座
「賢い患者になりましょう」の講演でした。
 
雨が降らなかったばかりか、
どんどん回復して、
帰りの同中はすっかり青空でした。
帰りの列車まで少し時間があって、
天赦園や伊達博物館、
宇和島城などを案内していただきました。
七代伊達藩主が隠居所として建造した天赦園の庭園。
1446964073043
ともかく竹がたくさん植えられていて、珍しい品種も。
1446964034873
滅多にない観光気分~。
日曜日だし、羽を伸ばそ♪
12現存する天守の一つ宇和島城、
1446963989347
博物館にあった古い牛鬼
(お祭りで登場するるらしい。この名前の地酒あり)。
1446964012141
天赦園の藤棚は見事でした。
1446964046935

|

特定機能病院医療安全確保のタスクフォース

昨日は、厚労省の
「大学病院等の医療安全確保に関するタスクフォース」
の会議でした。

6月下旬から9月にかけて行われた84特定機能病院への
集中検査の結果を踏まえ、
今後の対応案の議論が今日のテーマ。
メンバーは厚労省幹部の方々ですが、
私を含めて3人の「顧問」が主に発言。
私も多くの集中検査に同行させていただいた経験を踏まえ、
意見を申し述べて参りました。

会議の終盤、
タスクフォースの本部長である塩崎大臣が10分以上にわたって挨拶、
想いを述べられました。

でも、これはまだ緒に着いた段階。
具体化する作業はこれからが本番です。

|

赤富士

久しぶりに地上から見ました。
今日は赤富士。
1446623726101
よく晴れていて美しい姿でした。
今日からまた転々と(笑)。
遅い出発で東京に向かっています。
今日入った連絡で少し厚労省に寄る用事ができ、
予定より30分ほど早く出発したのですが…。
メインは、
ある大学病院で起きた臨床研究不正疑惑事案の調査委員会。
昨日も休み返上で記録や資料に目を通していました。
また、それら資料を持ってきたので、
今日はいつも以上に荷物が重い(笑)。
日々筋トレです?

|

子どもの10か条 無料配布残り5500冊です!

昨年11月に作成した
子どもの「いのちとからだの10か条」。
普及キャンペーンのために行ったファンドレイジングで
500万円もご寄付が集まり、
12月から3万冊の無料配布を始めました(送料もCOML負担)。
Photo
約1年が経ち、2万4000冊が子どもさんの元に届いています。
無料配布のための在庫が5500冊となりました。
「ぜひ手に取りたい」という方、
COMLまでご連絡ください(coml@coml.gr.jp)。
個人は最大100冊まで、団体はご相談に応じます。

|

ゆうがたLIVEワンダーに生出演します!

明日11月2日、関西テレビの
「ゆうがた LIVEワンダー」という番組にゲスト出演します。
放送エリアは関西限定ですが、
15:50から始まる夕方の生放送です。

スタートから早い段階のコーナーで、
医療との向き合い方について出演者たちとやりとりするようで、
現在、最終打ち合わせ中。
恐らく、打ち合わせは本番直前まで続く…と思われます(笑)。

昨年出演したミヤネ屋より視聴率などは低いのでしょうけれど、
「少しでも多くの方にCOMLを知っていただく機会」とスタッフ。
どんな番組なのか見たことがありませんが、
私は私のペースで淡々と話すつもりです(笑)。

http://www.ktv.jp/wonder/

よろしかったら、ご覧ください。
ご感想ご批判もお届けいただければ幸いです。
→coml@coml.gr.jp

|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »