« 医療安全支援センター初任者研修 | トップページ | 今日も東京で4つの予定 »

重大な責任を伴う任務が相次ぎ

東京女子医大病院や群馬大学病院が特定機能病院の承認取り消しになるなど、
大学病院などで医療安全の重大な問題が生じているということを踏まえて、
厚労省では大臣を本部長にした
「大学附属病院等の医療安全確保に関するタスクフォース」を設置します。

すべての特定機能病院に集中的に立ち入り検査をして、
ガバナンスの抜本的見直しをするタスクフォースです。

メンバーは厚労省の幹部ですが、
外部から3人の「顧問」が参加します。
「患者の視点、一般国民の視点を入れて抜本的に見直す」ということで
私がその一人に加わることになりました。

メンバー表を見せていただいたときには、
「この中に私ですか…?」とびっくり。
重責ですが、25年間の活動を踏まえて、
今の私にできる精一杯の役割を務めようと思っています。
今夕はその1回目の会議です。

更に、渦中にある群馬大学病院からは
「病院改革委員会を設置するので委員に加わってほしい」と、
ほぼ同時のオファーが。
何だか身辺がにわかに慌ただしくなってきました。

|

« 医療安全支援センター初任者研修 | トップページ | 今日も東京で4つの予定 »

出張先にて」カテゴリの記事

山口育子」カテゴリの記事