« 哲学倫理から終末期のあり方を考える公開講座 | トップページ | 復路は東京立ち寄りで »

地吹雪との遭遇?

夕方から宮城県の大崎保健所で地域の医療関係者向け講演のため、
空路、仙台入りしました。



流石に吐く息が白いです。

「大崎は宮城県と言っても、北部の岩手県寄り。
昼間でも0度ぐらいなので暖かくしてお越しください」と担当者。
仙台から新幹線で一駅ですが、かなり北上する内陸部なんでしょうね。

先週も担当者から再度お電話があって、
「当日はやはりお天気荒れそうです」
「仙台とは気候が違いますので、くれぐれも暖かい服装で」
「冬は地吹雪で有名なんです」…。
ここまで聞くと「地吹雪との遭遇」とワクワクしてきて、
「楽しみに伺います‼︎」と口走ってしまい、
担当者は絶句(笑)。

さて、現実は如何に?

|

« 哲学倫理から終末期のあり方を考える公開講座 | トップページ | 復路は東京立ち寄りで »

出張先にて」カテゴリの記事

山口育子」カテゴリの記事