« 石垣島に足を伸ばして | トップページ | 気温差15度以上で晩秋実感 »

ゆらてぃく祭り

昨日ご紹介したように、プライベートで石垣島に。一夜明け、宿泊した石垣市内ホテルから美しい夜明けが臨めました。


1384079400731.jpg

再び「旬家ばんちゃん」に行き、白保の「ゆらてぃく祭り」に参加させていただきました。少しだけ、シフォンケーキやラスク、スープ、アイスを出店するお手伝い。

お祭りに参加して、最も実感したのは子どもの多いこと。3人きょうだいなんて当たり前で、4〜5人も珍しくないとか。裸足で駆け回っている子もいて、さながら昭和に戻ったよう。みんな見知らぬ私に挨拶するし、ちょっと大きな子どもが、小さい子の世話を焼く。小中学生の展示物にも、お年寄りへの敬愛と郷土愛が溢れていて、感心してしまいました。

それにしても…何ですか、この暑さ‼︎ という一日。旬家ばんちゃんの屋号つきTシャツ姿なのに、腕に玉の汗、顎から滴り落ちる汗…。こんな日よけの手作りを売っている人まで。


1384079409046.jpg


オス山羊の闘山羊や、八重山上布の作者との語らいや月桃で編んだ籠や鍋敷きの作者のおばあとの出逢いなどなど。観光ではなく、地元を堪能する非日常を楽しんできました。

夕方のフライトに向かう前、旬家ばんちゃんの庭先から数歩進むと、そこに広がっていた絶景。


1384079411990.jpg


サンゴ礁の浅瀬に広がる青い海。そして、その先で突然深くなる海底の関係で少し沖合で立つ波による初めて聴く海鳴り。また、必ずゆっくり訪れたい。そんな気持ちで石垣島を後にしました。

1384079413830.jpg

|

« 石垣島に足を伸ばして | トップページ | 気温差15度以上で晩秋実感 »

山口育子」カテゴリの記事

今日のできごと」カテゴリの記事