« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

ローカルな仕事

大阪府の南にある松原市の青年会議所(JC)主催の定例会に。

第1部は地域の住民を招いての講演会で「賢い患者になりましょう」と題して講演。

第2部は、松原市長と徳洲会松原病院院長とご一緒にパネルディスカッションでした。

JCの若手の人が地域の人と共に考えるのは、いい機会だなぁと感じながら参加してきました。



|

10分の散歩

日本海と瀬戸内海の真ん中、海抜100mの津山。バス乗り場まで、10分ほどの寄り道。






|

津山にて

岡山県津山市にやって来ました。




大阪から中国自動車道でバスに揺られること3時間。しっとりした城下町。昭和に戻ったような気分。シャッターが目立つのは、どの町に行っても同じですね…。

さすが内陸部。寒くて、寒くて…。吐く息は白く、ホテルまでの道のりですっかり手がかじかんでしまいました。18時から、津山中央病院で講演です。



|

御堂筋の銀杏並木の紅葉

事務所に居られる日を利用して、午前中は電話相談スタッフのロールプレイによる勉強会。有志が集まります。これが結構勉強になるんです。

午後は堺にある民間病院植木病院の院内研修で講演に行ってきました。いったん事務所に戻って、夜は死因究明のモデル事業の大阪評価委員会の予定です。

堺に向かう道すがら、御堂筋の淀屋橋を通過。銀杏の紅葉はこれからといった色づきでした。

1385625449970.jpg

|

久しぶりに新幹線から富士山

10時から日本医療機能評価機構の産科医療補償制度運営委員会でした。

運営開始から5年の見直しの議論が、最終報告書案の段階にきています。今まで、いろいろ発言、質問しましたが、まだ判然としない不完全燃焼感が残ったまま。今日は11時半に中座しないといけなかったのに、なかなか議論が進まず、ギリギリにどうしても確認したかった内容だけ述べて会場を後にしてきました。

15時からは、新大阪で講演の予定。慌ただしい新幹線移動です。

三人席の窓際が常席なのですが、久しぶりに二人席の窓際に乗車したら、冠雪した富士山が美しい姿を見せてくれました。

1385526209388.jpg

そう言えば、最近、車窓を眺めることもめっきり減ったなぁ。

富士山も、飛行機からチラッと見下ろしていることが多いなぁ。

…少し癒されました。

|

高崎駅のホームにて

今日は東京での打ち合わせを幾つか終えた後、高崎に移動。

昭和病院というところでの講演でした。仲介された会社の人が高崎まで車で迎えに来られたので、どこへ行ったかわからない…。

冷えてきましたけど、1時間弱の所要時間だし、来た新幹線に乗ろうと自由席にしたので、寒いホームに並んでおります。

|

晩秋の札幌

札幌にいます。昨夜、23時過ぎにホテルに到着しました。

一夜明け、午前中は北海道病院協会主催の医療安全管理者講習会で道内から集まった医療者の皆さんに患者が望む医療安全を講演。

朝少し時間があったので、会場までお散歩がてら歩いて移動。

道庁はすっかり雪を迎える準備が整い、大通公園も晩秋から初冬へと季節が進んでいることを感じました。


1385179402724.jpg


1385179405614.jpg

|

東京での仕事を終えて

今日は朝、大阪を発って午後東京入り。NHK関連のプレインタビューと医療コンサルテーション会社のニュースレターインタビューと続き(というスケジュールにしたのは私ですが…)、16時から厚労省の社会保障審議会医療部会でした。

今日の会議のテーマは、地域医療ビジョン実現に関すること、臨床研究の推進、検診時の胸部X線に医師の立ち会いがなくても臨床放射線技師が撮影できること、次期診療報酬の改定について、など。

会議を終え、明日午前中の講演先に向けて、羽田空港でフライト待ちです。


1385117859199.jpg

|

太郎坊宮

午後から滋賀県にある国立病院機構東近江総合医療センターの接遇研修で講演に伺いました。

大阪からJR新快速で1時間3分で近江八幡。そこから近江鉄道という第三セクターに乗り換えて、八日市という駅で降り、タクシーで10分強。ギリギリの移動だったのに、タクシーがなかなか来なくて、ちょっと焦りました。駅前にタクシーはいるもの、という思い込みは禁物…。

実はこの八日市、私の祖母の生まれ故郷。岩山の中に太郎坊宮という神社があり、祖母の母親が重い病気になったとき、太郎坊宮にお百度を踏みに8歳で行ったと聴いたことがあります。近江鉄道から見た紅葉の太郎坊宮。DNAの故郷を訪ねた気分でした。


1385022315585.jpg

|

神戸で会議

今日は、神戸で会議でした。地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会という長い名称です。

約5年前、神戸市立中央病院と西市民病院が独立行政法人化して以来、評価委員として関わらせていただいています。来年度からの5年間は2期目に入るので、その中期目標と中期計画を話し合う会議でした。


1384929588567.jpg


会場は、写真の神戸市役所の真向かいにある三宮研修センター。六甲おろしの冷たい風が強く吹き、寒い三宮でした。

|

今日は地元で

昨年に引き続き院内研修をと依頼され、大阪市立大学医学部附属病院で講演してきました。


1384761298785.jpg


医師、看護師、事務の方を含めた全医療職対象です。今年は医師の参加が昨年より多いとか。

大阪市阿倍野区で生まれ育った私には、とても身近な病院。家族や親戚がお世話になったこともあります。少し早めに病院に行って、勝手探検隊をしてからお話ししてきました。12月にもう一回伺うことになっています。もちろん、参加者は別の方々です。

近場なので、終了後は事務所に戻り、今から診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業、大阪評価委員会の会議に行く予定です。

|

今日のダブルヘッダー

今日は地元です。

朝、宿泊先である東京を発ち、帰阪。そして、地元も地元。生まれ育った区のお隣、大阪市東住吉区役所の三師会(医師会、歯科医師会、薬剤師会)主催の医療安全シンポジウムで講演とシンポジウム参加でした。2年前にも同じご主催の第1回目の講演会にお招きいただき、今回が2回目です。今日のテーマは救急で慌てないということで、消防署からも講演に来られていました。

そして、いま新大阪に向かって移動中。というか、戻っています(笑)。

新大阪駅近くにある滋慶医療科学大学院大学で講義の予定。

滋慶医療科学大学院大学とは、医療安全に特化した珍しい大学院で、医療安全管理者を目指したり、スキルアップを図ろうとする医療者が学ばれているのです。だから、講義は夕方や土日とか。

以前にも一度伺いましたが、今日はCOMLの活動を紹介し、患者と医療者の協働する意義を考えていただくことが狙いとお聴きしています。以前も意識の高い方々ばかりだったので、楽しみです。

意識が高いと言えば、昨日の関東信越厚生局主催の医療安全セミナーも熱心な参加者の方々でした。そして、夕方からの埼玉県立がんセンターでは、とても温かくお迎えいただき、大勢の職員の皆さんが、勤務後のお疲れの時間帯にもかかわらず、とても熱心に耳を傾けてくださいました。本当に、有難い日々を送らせていただいています。

|

2日連続ダブルヘッダー

今日と明日は、講演が2件ずつ入っています。

今日の最初は、関東信越厚生局主催の医療安全セミナー。病院の医療安全担当者、あるいはそれを目指している方々の講習会。

さいたま新都心にある、このビルが会場。


1384502657093.jpg


そして、今から埼玉県立がんセンターに移動し、院内研修会。リセットして、新たな気持ちで、丁寧にお伝えして来たいと思います!

|

産科医療補償制度運営委員会

先週に引き続き、日本医療機能評価機構の産科医療補償制度運営委員会でした。

出生後、脳性麻痺と診断され、身体障害1級と2級の重度後遺症を負った子どもさんに対し、3000万円の保障をするという制度。5年目の見直し時期に来ていて、一般審査の対象となる週数や体重の基準、個別審査基準、申請時期、支払い方法などの見直しが佳境に入っています。

今日も予定時間を1時間近く延長して終了。判断が難しい問題ばかり。加えて、費用負担している保険者の意向もあります。それに、ほかの疾患との絡みも。

ただ、この制度、一般的にはまだまだ知らない人も多いのが現実。本当は、皆で考えるべき問題なんですけどね。

|

富山大学医薬看合同講義

毎年2回伺っている富山大学の医学生、薬学生、看護学生の1年生合同の講義でした。学生が2グループに分かれ、5月と7月に招かれています。

前半の1時間半は講義、後半の1時間半はグループに分かれてロールプレイとディスカッション。その後、各グループから「患者と医療者のコミュニケーションに何が必要か」を話し合った内容を発表するのです。

各グループには大学院生がチューターでつくのですが、一人足りなかったので、私も一つのグループを担当。更に、ロールプレイの2人組に一人足りなかったので、私がカバーして久々に学生さんとロールプレイしました‼︎

まずは、真剣な表情で設定を読んで役作り。


1384251054147.jpg


ロールプレイ中は私も没頭していて、写真は撮れず…。私のお相手は、とってもチャーミングな女性の医学生さん。思わず、昔の模擬患者魂がよみがえり、役に没頭してしまいました(笑)。とっても新鮮で、楽しかった〜‼︎ 学生さんともいろいろ話せて、個別に想いも伝えられました。

ロールプレイ終了後は、グループでディスカッション。


1384251069330.jpg

最後は、各グループにの発表です。


1384251078845.jpg


一生懸命な姿を見ると、ほんとうに応援したくなります。熱心に参加してくれた学生さん、ありがとう‼︎


終わって外へ出ると、冷たい雨。コートを着ていても、冷える〜。とんぼ返りで大阪に戻り、明朝、少し事務所に寄って、また東京へ移動です‼︎

|

気温差15度以上で晩秋実感

午前中は事務所で電話相談スタッフのロールプレイによる研修。

そして、午後は京都大学医の倫理委員会でした。

京阪本線の出町柳駅を出ると、鴨川沿いの川端通は銀杏を中心に色づいていました。


1384161254664.jpg


3時間弱の会議を終えて外へ出ると、寒〜い‼︎ スタッフと電話で連絡事項のやりとりをしていると、手がかじかみ、寒さに鼻水が…。腕を見ると、昨日の石垣島の暑さと日差しで焼けて赤黒くなっているというのに、この落差‼︎

そうそう、移動の多い私に、気温差を心配してくださる方が多いのですが、日々移動なので、日々リセットして「その日」に合わせる術を得ていますので、ご心配なく‼︎ 風邪一つひかず、お陰さまで元気です。

|

ゆらてぃく祭り

昨日ご紹介したように、プライベートで石垣島に。一夜明け、宿泊した石垣市内ホテルから美しい夜明けが臨めました。


1384079400731.jpg

再び「旬家ばんちゃん」に行き、白保の「ゆらてぃく祭り」に参加させていただきました。少しだけ、シフォンケーキやラスク、スープ、アイスを出店するお手伝い。

お祭りに参加して、最も実感したのは子どもの多いこと。3人きょうだいなんて当たり前で、4〜5人も珍しくないとか。裸足で駆け回っている子もいて、さながら昭和に戻ったよう。みんな見知らぬ私に挨拶するし、ちょっと大きな子どもが、小さい子の世話を焼く。小中学生の展示物にも、お年寄りへの敬愛と郷土愛が溢れていて、感心してしまいました。

それにしても…何ですか、この暑さ‼︎ という一日。旬家ばんちゃんの屋号つきTシャツ姿なのに、腕に玉の汗、顎から滴り落ちる汗…。こんな日よけの手作りを売っている人まで。


1384079409046.jpg


オス山羊の闘山羊や、八重山上布の作者との語らいや月桃で編んだ籠や鍋敷きの作者のおばあとの出逢いなどなど。観光ではなく、地元を堪能する非日常を楽しんできました。

夕方のフライトに向かう前、旬家ばんちゃんの庭先から数歩進むと、そこに広がっていた絶景。


1384079411990.jpg


サンゴ礁の浅瀬に広がる青い海。そして、その先で突然深くなる海底の関係で少し沖合で立つ波による初めて聴く海鳴り。また、必ずゆっくり訪れたい。そんな気持ちで石垣島を後にしました。

1384079413830.jpg

|

石垣島に足を伸ばして

那覇での講演のあと、石垣島にやって来ました。

明日は予定が入っていない日曜日で、プライベートな旅です。

石垣島というと、離島めぐりですが、私の目的は旧友との再会を果たすこと。COMLスタート当初に深く関わってくださっていた看護師さんが家族で移住し、今年「旬家 ばんちゃん」という地元の食材を使った朝ご飯とお昼ご飯のお店を開店したのです。移住して約15年。「いつか行くね」と言いながら、なかなか果たせなかった再会を実現しました。


1384008289487.jpg

お店には。開店の記念にと織ってくださったという素敵な八重山上布が飾られ、とても落ち着いた佇まい。

かづみあじのカルパッチョやカワハギの仲間というちぬまんなど、心尽くしの身体に優しいお料理を振舞っていただきました。とっても美味しい石垣島の白保にあるお店。皆さんに自信をもって「石垣島に行ったら。ぜひ訪ねてください」とお勧めです。明日は地元のお祭りに参加できることになり、元気なおばあたちとの出逢いを楽しみにしています。

1384008291953.jpg


1384008293964.jpg


1384008297770.jpg

|

那覇にて

沖縄にやってきました‼︎

那覇空港からモノレールで壺川駅下車。まるで夏のような景色。27度もあるようです。日傘を持ってこなかったことを強く後悔…。


1383971643237.jpg


最寄り駅とは言えない距離を歩いていると、ハイビスカスが咲き誇っていました。まだ、夏なんですね。


1383971654539.jpg


というわけで、今日は沖縄協同病院で講演です。いま、少し早く着いて、「勝手病院探検隊」をしておりました。14時から始まるので、そろそろ行って参ります。


1383971660956.jpg

|

会議を終えてホッ

今日は厚生労働省の社会保障審議会医療部会でした。

さまざまな検討会や検討部会でとりまとめられた内容を審議したり、診療報酬改定に意見を述べたりする大きな会議です。

とくに今日は、いわゆる「医療版事故調」としてとりまとめられた審議があり、検討部会で委員の一人だった私としては、きちんと意見を述べなきゃと気合を入れて出席しました。

予期せぬ死亡が医療機関で起きた場合、第三者機関に届け出、速やかに院内調査をし、原因の究明と再発防止に役立てるというものです。申し出があれば、第三者機関による調査もおこなわれます。

お陰で、皆さん前向きに賛成され、実現に一歩踏み出しました。これから法律改正やガイドラインの作成へと進んでいきます。

私たち患者も、医療の不確実性と限界に目を背けず、冷静に医療を受け止める必要性が問われていると思っています。

|

日比谷公園の紅葉

午前中は、厚生労働省の新人看護職員研修ガイドラインの見直しに関する検討会でした。

3年余り前に努力義務として作成されたガイドラインについて、到達目標の見直しやガイドライン推進について議論します。患者の立場の委員は私だけですが、患者にとって身近な存在である看護師さん。ぜひとも全体のレベルアップにつながって欲しいと思って参加しています。この3年で効果があがってきているようです。

私たち患者の立場も、新人看護師の研修について、温かく見守りたいものです。

終了後、「絶好のビューポイント」とお聞きして、厚労省22階の会議室から見下ろすと、見事な日比谷公園の紅葉。雨があがったばかりで、少々煙っているのが残念ですが…。

午後は、薬剤師さん向けのeラーニング教材の収録です。

追伸
一昨日と昨日、うっかりFacebookに直接アップしてしまい、ブログ掲載できませんでした。

1383796582589.jpg

|

大阪に戻る前に盛岡を散策

今日の講演は9時からの朝一番だったので、終了後、しばし盛岡市内を案内していただきました。

鮭が遡上して産卵するという北上川を辿って行くと、疲れ果てて力尽きた鮭と出会いました。生命を繋ぐ大変な営みなんですね。

野趣溢れる大木が多くて、樹々の好きな私には最高の癒しの時間。

どんなに晴れていても頂上には雲がかかっているという岩手山は、滞在中ずっと雲一つない素敵な姿を見せ続けてくれました。とても珍しいことなんだそうです。朝日を浴びた姿も素晴らしかったのですが、お昼の落ち着いた佇まいも気持ちが洗われるようでした。

1383370839831.jpg

1383370843305.jpg

1383370845036.jpg

|

盛岡にて

明日の朝一番に日本クリニカルパス学会学術集会で特別講演にお招きいただいています。そこで、今日は移動日。盛岡にやって来ました。今日はお天気が良く、空港からの道すがら、岩手山や早池峰山(はやちねさん)の両方を綺麗に臨むことができました。早池峰山は、エーデルワイスが咲く山だそうで、登山客も多いのだとか。岩手山は、とても秀麗な姿をした山で、好きな山がまた一つ増えました。ホテルの部屋からも、夕陽に映える岩手山が臨めて大満足‼︎宮沢賢治ゆかりの地である光原社にも連れて行っていただきました。 1383293280641.jpg 1383293282129.jpg 1383293283266.jpg

|

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »