« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

関東地域交流会開催!

昨日は、関東地域交流会でした。

005

突然都合が悪くなった方もいらして、最終的にはスタッフ以外は26名のご参加。
まずは自己紹介から始めました。
それも、男性13名、女性13名という男女比率1:1という珍しい会。
そして、医師と歯科医師で何と11名。

そして、私から改めてCOMLの成り立ちの経緯や現在の活動内容について話題提供。
その後、グループディスカッションをおこない、
主に、COMLへの質問や確認、COMLに期待すること、
関東地域で実施したい活動内容などについて話し合っていただきました。

007

とても活発な意見交換があり、詳細は会報誌で報告しますが、
ポイントは次のような内容でした。

市民にもっとメッセージを送られるように教育事業にかかわっていってはどうか。

患者が情報を適切に判断できるような活動も必要。

電話相談はぜひ地道に続けて、関東からの相談ニーズにもっと応える体制強化を。

介護や尊厳ある生き方の情報発信も増やして欲しい。

関東で継続的に交流会を開き、厚労省などの検討会の情報提供や対話の場を!

とくには、最後に一致した皆さんのご要望でした。
昨日ご参加くださった東京、埼玉、山梨などの皆さんの継続参加はもちろん、
昨日ご都合がつかなかった方のためにも、必ず次回開催したいと思っています。
次回も、多くのご参加をお待ちしています

|

中部地域交流会

12月の札幌に引き続き、
中部地域交流会を2月3日(日)に名古屋で開催しました!
当日の詳細は、会報誌でご報告しますが、
アットホームな雰囲気のなかで、まずは自己紹介

018

その後、改めてCOMLの成り立ちをご紹介。
何といっても、愛知県はCOML創始者の辻本好子が生まれ育った街。
そして、COMLを大阪で立ちあげるまで暮らした土地です。
同郷の皆さまに、改めてその思いをお伝えしました。
最後に一人のがん患者として遺していったメッセージも。

参加者とのディスカッションでは、
中部地域の医療の特徴を出し合い、
COMLに求める想いもお聴きしました。

037

予定時間を超えて、とても熱心な話し合いとなりました。
そして、終了後は有志で懇親会
これはまた異なる意味で盛りあがったのでした

|

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »