« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

模擬患者活動20周年!!

10月21日
COML模擬患者活動20周年記念シンポジウム
これまでのSP参加型教育と医療分野での展開の可能性

を開催しました

036_2


関西地域の方を中心に、東は山形、千葉から、西は福岡まで、
全国の皆さまにお越しいただきました。
参加者はなんと101名

まずは基調講演
東京医科歯科大学で長年コミュニケーション教育をなさっていた、
中村千賀子さんです

019_2


「模擬患者の存在理由 ―これまで、そして、これから―」と題したお話で、
医療面接の本来の意味、コミュニケーションとは何か、といった
幅広い視点から模擬患者について改めて考えることのできるお話でした

その後、パネリストの方々の発表と、
パネルディスカッション、フロアとの質疑応答

125_2


医学・歯学・薬学・SPグループ、それぞれの分野の方々にお話を頂戴しました。
内容が盛りだくさんで、どれもこれも重要なお話ばかり

詳しくは12月15日発行の会報誌にてご紹介いたしますね
私が模擬患者活動を担当してからは約10年ですが、
草創期からほんとうにたくさんの方たちに支えていただいて、
この20周年を迎えられたんだなと実感した日でもありました
皆さまほんとうにありがとうございました

|

2回目の函館

10月22日(月)は、毎年お招きいただいている函館の病院での
医療スタッフの接遇研修の講演でした。
16~19時の仕事ですが、飛行機の関係で函館に到着したのは午前中。
お天気もまあまあだったので、しばし散策に…(というより、ブログのため?)

003

煉瓦倉庫の壁の蔦が、きれいに色づいて見事なグランデーション

016

ベイエリアを歩いていると、漁火漁に出る船がたくさん停泊していました。

昨年もぶらぶらと散策した坂道をのぼっていくと、あちらこちらに教会が…

004

005

そして、旧函館区公会堂。

007

このあたりから振り返ると、晴れた日の函館湾もくっきり。

011

一度は函館山の展望台にのぼろうとロープウエイの乗り場に行ったところ、
何と点検中で、「今日はお休みなんです」
仕方なく、ホテルの窓から展望台を眺めることに…

017

辻本と同じで、仕事前の遊びや観光は、なかなかできない私。
展望台からの眺めは、今度にお預けです。

|

たのしい熊本駅の通路

10月5日(金)は、熊本で開催された全国国保地域医療学会にお招きいただきました。
その行き帰りの熊本駅で出会いました!!

068

熊本と言えば、ゆるキャラの「くまモン」が有名ですよね。
熊本出張と聞いたスタッフの一人からは、「くまモングッズがほしい!」。
ゆるキャラグッズは、幅広い年齢層に受け入れられているんですね

ところで、上の写真は「くまモン」ではなく、「くろちゃん」です。
「くろちゃん」とは、JR九州のオリジナルマスコットキャラクターなんですって。
九州新幹線が開通し、熊本駅の新幹線と在来線を結ぶ通路に
「おてもやん通り」というのができていて、そこには101匹のくろちゃんがいるのです。

060

『おてもやん』というのは、あの有名な民謡です。
とってもユニークな方言の民謡、誰もが一度は聴いたことがありますよね?
その歌詞が、壁面いっぱいに紹介されているのです。

061

近づいてみると、とくに有名なあのフレーズ

063

その歌詞をくろちゃんが見あげている表情が、結構かわいらしい。
この通りは、鉄道唯一の国際デザインコンペである「ブルネル賞」の
2011年奨励賞を受賞したのだそうです。

これまで熊本出張は、飛行機での移動ばかりでした。
ところがこの日、前日は夕方まで群馬で仕事だったので、熊本までたどり着けず、
とりあえず羽田からの最終便で福岡へ移動し、
翌朝、九州新幹線「みずほ」で熊本へ。
帰りもちょうどいい飛行機が満席だったので、新大阪直通の「さくら」で移動。
そのお蔭で、おてもやん通りとも出会ったのでした。

069

清々しい秋晴れの熊本。
まったく観光なし、というのが残念でしたけれど、それはまぁ、いつものこと。
ともかく10~11月は“出張強化月間”とも呼びたくなるスケジュール。
また新たな出会いがあれば、ご紹介します

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »