« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

南から北へ大移動

日本は細長いなぁ~と思った出張先での出来事を
1月20日(金)
鹿児島県種子島のある病院から倫理の院内研修のご依頼をいただいて出張。

012

大阪から、まず鹿児島に飛んで、そして種子島へ。
乗換便の関係で、鹿児島空港での待ち時間は約3時間。
でも、離島への乗換便が多く、待ち時間を過ごす乗客が多いからか、
こんな机や椅子が用意されていて、大助かり。

009

離発着する滑走路を見ながら、パソコンに向かって仕事、仕事

Dsc_0019

種子島には初めて行ったのですが、さすが南国。
「昨日から暖かくて」と聞いた最高気温は17度。
さすがにコートは必要ありませんでした。
1泊して朝1時間ほど散歩すると、何となく南の島という町並み。

016

神社も、どことなく雰囲気が異なります。

018

じつは、22日(日)午前中は札幌で仕事が入っていて
21日(土)は移動日に。
う~ん、この季節に鹿児島から札幌かぁ…と覚悟して移動。
種子島空港→鹿児島空港→羽田空港→新千歳空港
12時に種子島空港を発って、新千歳空港に降り立ったのは18時30分。
札幌に着いたときには20時近くになっていて、気温はマイナス2度。
気温差20度か…と覚悟したものの
移動の車中が暖かいからか、さほど寒さは感じず。
それよりも、アイスバーンになっている横断歩道で
カートを引っ張ることにばかり気がいって…スッテンころりん
やっちゃいました!!
横断歩道の真ん中で転んでしまったのです。
冬の北海道は何度も行っていて、一度も雪道で転んだことがなかったのに…
足元よりカートにばかり気をとられて失敗、失敗。
翌朝には、右膝が真っ青
地元の方に、「0度からマイナス2度あたりがもっとも滑りやすい」と聞いて納得。
人通りが少ない横断歩道で良かった~

024

種子島の朝のニュースでは「沖縄では桜が開花して花祭りが始まり…」
翌朝の札幌のニュースでは「層雲峡で氷瀑まつりが昨日から開催…」
いやはや、日本はやっぱり細長い・・・と実感した出張でした

|

お花が加わって華やかな辻本コーナー

先日、ブログで「辻本コーナー」をご紹介したところ、
仲間が集まった7日に、お花を届けてくださった方がお二人。
お二人とも素敵な女性医師で、
辻本のコーナーを華やかに飾ってくださいました

002

さらに、お別れ会のときに祭壇を担当してくださった
カモンフラワーゲートの担当者もお花を届けてくださって…

005

デンドロビウム・スプリングカラー・グリーンスリーブス
という名前の洋蘭の一種。
とても清々しい華やかさをもって咲きほこっています。

昨年は多くの方から
「必ずCOMLを継続させてね」
「私にできる協力を惜しまないから」
と温かいご支援をたくさんいただきました。
改めて深く深く感謝申しあげます。
今年は新しい体制でつぎなるCOMLに向けて組織化への一歩を踏み出しました。
新年早々の集まりで、仲間の皆さんからも温かいメッセージを受け取り、
さらに気持ちを引き締めているところです。
ブログをご覧くださっている皆さま、
改めまして、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さてさて、時間があれば私がロングウォークを楽しんでいることは
以前にもブログでご紹介しました。
長くなれば35㎞以上歩く日も。
「そんなに異常な距離を何のため?」と思われるかもしれません。
私としては、江戸時代の1日10里には及ばないと思っているのですが
私が歩くのは、心が枯渇したときか、考え事をしたいとき。
そして、昨日は今日から始まる本格的な活動の始動に向けて気持ちを引き締めるため、
「中距離ウォーク」に出かけました。
堺と大和(奈良)をつないだ歴史的街道、竹内街道です。

Dsc_0016

この写真は、街道途中にあった「大道旧山本家住宅」。
竹内街道の伝統的景観を特徴づけるかやぶき大和棟民家だそう。
峠を越えるといっても、ガイドブックに紹介されていたコースは8㎞。
それでは、ちょっと物足りないなぁ…
ということで、前後2~3駅を継ぎ足して歩くことにして倍のコースに。
しばらく歩く時間が取れそうにないので、
「今年もがんばるぞぉ~」という気持ちを高めてきました。

今年は、事務所の様子や活動の紹介はもちろん、
出張先からのあれこれも含め、ブログも活性化していきます。
どうぞ、ちょくちょくのぞきにいらしてくださいね。

|

今年もよろしくお願いいたします!!

2012年が始まりました。
COMLも新体制で新しいスタートを切りました。
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

整理するのが辛くて、ずっとそのままにしていた辻本好子の事務所のデスク。
綺麗好きな辻本から「いい加減に片づけなさいよ」
と言われている気がしてなりませんでした。
そこで、12月の大掃除の際、思い切って整理しました。

007

そして“辻本好子コーナー”を設置。
事務所にお越しくださった方にも、会っていただけるように写真と遺品などを飾りました。

011

年末年始は一緒に温泉旅行をしてきた私にとって、
20年ぶりに一人で迎えるお正月。
1年前「来年も来たい!!」と言っていた辻本の想いをかなえようと、
元旦はいつもお邪魔していた旅館に挨拶に行ってきました。
そして、2日は納骨した松本の浅間温泉にある神宮寺へ。
しっかりと寂しさと向き合ったことで、
今年をしっかり生きて行こうと思いを新たにしました。

3日は少し足を延ばして長野へ。
日本三大車窓という信越線から臨む千曲川と冠雪した山並み。

004

朝のピンと張りつめた氷点下の空気が感じられました。
気持ちも引き締まる思いです。
少し散策して、善光寺から東山魁夷館へと足を延ばし、
その途中で陽光にきらめく雪の花を発見。

006

丁寧に丁寧に仕事をしていく1年にしようと誓った三が日でした。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »