« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

医学会総会で患者団体の見本市募集!!

4年に一度、日本の医師のオリンピックのようなイベント、
“医学会総会”が開かれます。

Main_log

次回は2011年4月東京にて。
学会は3日間ですが、2日(土)~10日(日)の9日間
東京ビッグサイト(東京国際展示場)で“見本市”が開催されます。
“見本市”とは・・・
理事長の辻本好子が来年の医学会総会の
メディアアドバイザリーボードの委員を引き受けているのですが、
そのアドバイザリーボードの話し合いで、
地域医療を支える患者・住民活動の見本市がおこなわれることになったのです。

地域医療を守り、育て、支えようという動きが全国各地に広がっていることを受け、
さまざまな患者会、患者支援団体の活動を紹介する見本市を! との企画です。

この見本市には、患者団体、患者支援団体の応募が可能です。
応募の受付期間は2010年5月17日(月)~7月30日(金)。
以下のサイトで概要や応募方法などがご覧になれます。

http://www.isoukai2011.jp/hakurankai/mihonichi.html

募集団体は50団体。
展示パネルの製作費や見本市に参加する旅費交通費が助成されます。
お知り合いの団体がありましたら、ぜひこの情報をご紹介ください。
COMLも参加しますよ!
ぜひ会場でご一緒に活動報告いたしましょう!!
各地域で市民が参加する医療を盛りあげていくためにも、
多くの団体が参加する見本市にしましょう!!

|

♪おししい顔って、どんな顔♪

「20周年記念行事お疲れさま~!!」
と、今回は慰労の気持ちを込めて、ケーキを焼いてきてくださいました!

2010526_008

フランボワーズとレモンの2層のムースでできたケーキです

2010526_019

この日いらしていてラッキーだったボランティアのお二人とケーキ作者のスリーショット
おいしいものをいただくって、幸せ~

2010526_033

ケーキを平らげるころには、満面の笑み
♪おいしい顔って、こんな顔♪

2010526_048

疲れも吹っ飛び、お腹も満足、心もゆ~ったり。
ご馳走さまでした!!
食べ物の登場が多いブログで、すみません~!!

|

総会、拡大患者塾、20周年記念パーティ②

午後5時からは会場を移し、20周年記念パーティです。

Img_7209_2

いったんおさまっていた雨風が、移動のころになると再び悪化。
ともかく、イベントのときは雨にたたられがちなCOML。
いったい、誰が雨女・・・なのでしょう

パーティが始まるまでの時間、
到着した人たちが20年の歩みを紹介したパネルを熱心に見入っていました。

20_003 

辻本の挨拶やスピーチをいただき、皆でかんぱ~い!!

Img_7201

ジャンボオムレツに舌鼓を打った食事が一段落すると、スピーチに聴き入ったり

Img_7240 

皆で集まって何をしているのでしょう?????

Img_7211

じつは、「COML20年の歩み」と題した134枚に及ぶ写真のスライドショーを
皆で見ていたのです。

Img_7203

あぁ、懐かしい・・・と思わずもらしてしまう写真の山、山
やはり、記録って大切ですよね。

というわけで、無事20周年の記念行事が終わりました。
改めて、20年間支えてくださった多くの方々に心から感謝した一日でした

|

総会、拡大患者塾、20周年記念パーティ①

嵐のような風雨が吹き荒れた5月23日(日)。
COML20周年のイベントを開催しました。

イベントの前には、NPO法人としての毎年恒例の総会を実施。
理事長の辻本好子が議長席について、総会は幕を開けました。

Img_6905

今年は20周年イベントもあるので、総会参加者はいつもの倍の人数。
採決風景も迫力があります。

Img_6953

午後からは、拡大患者塾。
辻本が「“ことば”と“出会い”に支えられた20年」と題し、
COMLが大切にしている想いと姿勢を語りました。

Img_6964

拡大患者塾には、仙台、千葉、東京、島根と遠方の方も参加してくださり、
会場は熱気にあふれました。

Img_6974

グループディスカッションも所狭し・・・

Img_6992

皆で20年を振り返り、今後の医療やCOMLに期待することなどを話し合いました。
話し合いの内容は、ニューズレター6月号でご紹介しますので、お楽しみに!!

                                          ~つづく~

|

20周年記念の準備終了!

23日(日)は、COMLのビッグイベント
総会の後、20周年記念の拡大患者塾やパーティを開催します。
ここ数日、準備に追われていました(とくにスタッフ“Yamada”と“みよし”)。

2010521_003

これ、じつは20年を振り返る記事と写真のパネル。
パーティで貼り出すのに、スタッフ2人が作成しました。
なかには、こんな昔の写真・・・

2010521_004

わかります? これ20年前の辻本好子!
さらに、この記事は私が辻本と出会うきっかけになった
COML1周年の記事。

2010521_005

さまざまな新聞や雑誌の紹介記事と写真を
4枚の模造紙で紹介した力作です。

2010521_001

記念行事に参加してくださる方、ぜひ当日パネルでお楽しみください。
「えっ!? これ誰?」
「うわぁ、○○さん、若い!」
といまから声が聴こえそうです。
ほかにも、100枚以上の写真のスライドショーも予定しています。
どうしても、参加できなくて残念、という方。
しばらく力作は事務所展示する予定ですから、ぜひ見にいらしてくださいね

|

講座の問い合わせが相次いでいます!

いよいよ今年度の「医療で活躍するボランティア養成講座」が6月から始まります。
「医療で活躍するボランティア養成講座」の1~5回の会場はCOML事務所。
昨年の第2期の講座は、こんな雰囲気でした。

Img_5005

第2期は11月から2月にかけて実施したので、寒い季節。
一応、事務所は冷暖房完備ですが、
3時間も座っていると足元が冷えたり、首元がスースーしたり・・・
膝かけを準備したり、受講生の皆さんも自前の防寒、でした。

2009118_003

第1期も第2期もほぼ定員いっぱいだったので、
6~7回の合同講座は事務所でできず、会場をうつして開催。
とくに最終回は各コースの皆さんが揃うと圧巻(→これは熱燗

7_003

7_024

全7回ご参加いただいた方には、修了証の授与もあります。

7_054

他の参加者も、笑顔で拍手、拍手

第3期にあたる今年度の前半は、6~9月にかけて実施予定。
産経新聞や読売新聞で紹介されて、少しずつ増え始めていた参加者。
今朝は朝日新聞の生活面に少し大きな記事が載って、
朝から問い合わせの電話が鳴り続いています。
今年度の後期は20周年で大阪以外の地で開催するので、
事務所での講座は前期のみ。
多くの方との新たな出会いが楽しみです

|

ディープな韓国の旅 ~その7~

さぁ、アッという間の3泊4日。
4月19日(月)の帰国日を迎えました。

ホテルのチェックアウトを済ませ、
最後に明洞(ミョンドン)にある老舗の石焼ピビパッのお店にGO!

それはそれは、おいしい石焼ピビパッ。
「あっ、写真撮らなきゃ!」と気づいたときには、残り3分の1・・・
そこで、お店の写真で失礼します

Img_0276

とってもコクのある、絶品でした。
辻本、大満足の図!! です。

Img_0278

ちょこっとだけ明洞の繁華街を見て、「大阪のミナミみたいね」。

Img_0284

以前、事故があったことが記憶に新しい、
実弾射撃場も見つけました(事故現場はここではありません)。

Img_0285

さぁ、荷物を預けたホテルに戻り、帰途に着かなきゃ・・・
と、そこで辻本が重大なことを思い出したのです!
「ねぇ! ホテルの金庫に入れておいた、
私たちのウォンに換えなかった日本円は?」
ひゃ~っ、大変!! 忘れてきたぁ!!
泡を食って、ホテルへ
慌てて階段でこけるは、
間違ったホームに出て駅員さんに泣きついてヘルプゲートを通してもらうわ
最後の最後までハプニングの連続。
無事、お金は保管されていて、戻ってまいりました。ホッ

名残り惜しみながら、バスで金浦空港へ

Img_0289

いやはや、スリリングで、おもしろい、楽しい楽しい韓国を堪能!
思い出に残る旅となりました

                                      -完-

|

ディープな韓国の旅 ~その6~

無事、講演終了!!
ホッとして、「あ~、お腹すいた!!」と辻本。
それでは、お楽しみの韓定食を食べに行きましょう

ホッとしたことに加え、少し地下鉄移動も慣れてきて、
気持ちに緩みが出たのでしょうか。
降りた駅でどれだけ探してもお目当ての店が見当たらない!
と思っていたら、1つ手前の駅で下車したらしい・・・
なにせ、ハングルはまったく読めない私たち。
アナウンスは韓国語、表示はハングル。
英語や漢字は書いてあっても、小さな小さな文字。
韓国の若者はほとんど漢字が読めないらしいので、
日常生活のお役立ち情報としては登場しないのです。

と、まぁ、それは言い訳ですが、これは困った。
若者にたどたどしい英語で訪ねても店を知らない。
・・・どうしよう・・・
そこに現れた30歳前後の落ち着いたカップル。
道を尋ねると、何と親切にも1駅離れたお店の近くまで
連れて行ってくれたのです(感激!)。

家庭料理風の韓定食2人前。

Img_0257

そこに加えて、ナムル。

Img_0260

お頭つき(?)の小さなお魚。

Img_0261

豆腐チゲ。これは辛い!!

Img_0262

やっとありつけたヘルシーな食事を前にして、
満面の笑みの辻本でした!

Img_0254  

                              -つづく-

|

ディープな韓国の旅 ~その5~

さてさて、韓国には食べに来たわけではありません。
韓国旅行のメインイベント
4月18日(日)は辻本の講演の日です。

前日はしゃぎすぎたモードを講演モードに変換するため、
辻本は滞在先のこのテルの一室で一人、集中、集中。

Img_0223

私は邪魔をしないように、大好きな街歩きに一人で出かけました。
観光地を避け、江南区(カンナムグ)周辺の街を散策。
まずは漢江(ハンガン)という中心を流れる川沿いをウォーキング。

Img_0229

川沿いの公園には、大人用の健康具があちこちに。

Img_0232

そこから南下して、街をあちらこちらとウォーキング。

Img_0238

下町の市場にも遭遇。

Img_0241

さて、12時半。ホテルに戻って辻本と合流し、
いざ、講演会場へ。
通訳の人と打ち合わせ。
通訳者は、中学生まで日本で過ごしたという日本語ペラペラの女性。
「COMLは患者の応援団なんですね」
「辻本さんの言う“納得”は受け身ではないから表現を工夫します」
てきぱきと的を射た対応に、辻本は大きな安心を得たよう。
身びいきながら、とってもいい講演でした!!

(動画を撮っていたので講演中の写真がないのです・・・スミマセン)

講演後に、招いてくださった金教授と辻本のツーショット

Img_0249

そして、通訳の趙(チョウ)さんと辻本を中心に記念撮影。

198

無事、大役を終えて晴れ晴れしい辻本の笑顔が印象的でした。

                                        -つづく-

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »