« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

春、春、ケーキも春

ジャジャジャジャ~~~ン!!!!

Img_0022

ご存知、COMLの相談ボランティアスタッフさんによる贅沢なケーキ
再び、登場で~す
いただいたとき、全体像はこのような

Img_0014

おっと、よだれを出しているあなた!
羨ましいでしょ?
上半分はいちごのムースで、下半分はヨーグルトのムース
横にビスキュイがついてて、上にはイチゴが鎮座しておりますです。

Img_0016

スタッフYamadaの手によるケーキカット。
「きれいに切らなきゃ・・・」と手が震え?てはおりません。

Img_0017

今日もおいしく、一日の終わりのおやつをいただきました。
はい、リセット!
これからアフターファイブの仕事をがんばります~

|

COMLの旧友?

あれ? どこかでお会いしたような・・・この方。
COMLには数年ぶりにお越しくださいました。

188

民主党の参議院議員の櫻井充さんです。
国会中継や討論番組など、テレビでお会いになった方もいらっしゃるはず。
COMLは特定の政党や宗教を支持していませんが、
櫻井さんはドクターということもあって、
11年来のおつきあいです。
とくに、差額ベッド料のあいまいだった請求要件を明確にするため、
質問主意書を提出するときもご協力いただきました。

国会議員といっても“先生然”としないざっくばらんな方で、

231

私たちも、気安く「櫻井さん!」と話しかけ、
対等なおつきあいができる方です。

COML山口「秘書さんから今日話していただくテーマ聞いていただいてます?」
櫻井さん「聞いてない。聞いたかもしれないけど、忘れたのかなぁ」
COML山口「でも、国会議員なんだから、急に振られても30分なら話せますよね?」
櫻井さん「相変わらず優しいね」
といった具合のおつきあいです

今回は、大阪に講演でいらっしゃった機会に、
COMLのメンバーと座談会を! と実現。
「医療における市民参加」について30分お話しいただき、
民主党の医療への取り組みの現状などのホンネも聞かせてもらいました。

148

約20名が集まった座談会の内容の詳細は、来月号のニューズレターにて。
「読みたい!」という方、ぜひ会員になってくださいね

|

名取裕子さんはいないのです。

先週の土曜日は、第171回患者塾の日でした。

テーマは「死因究明の専門家 法医の役割」。
大阪大学大学院法医学教室の教授・的場梁次さんにお話しいただきました。

Img_5873

現役の法医から生のお話をお聞きできる機会とあって、
たくさんの方にご参加いただきました。

Img_5915

質疑応答の時間では、的場さんに多岐にわたる質問にお答えいただきました。

本来なら、ご参加くださった方だけの特典としたいのですが……
こんな質問もありましたヨ。

「名取裕子さんのような監察医はいるのでしょうか?」

「いません(笑)」

ただ、テレビドラマといえど、法医学の監修はきちんとされているので、
解剖のシーンは実際とほぼ同じ、というお話でした。

患者塾やコミュニケーション講座などは、
ほんとうに一期一会の空間だなぁと思います。
質疑応答もどなたからどんな質問が出るのか、その瞬間になるまでわかりません。
担当者としては、どんな質問もしやすい空間づくりを目指すばかりです。



|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »