« とっても楽しみな患者塾の内容 | トップページ | 講座の前期もいよいよ中盤! »

好評のうちに皮膚にまつわる患者塾修了!

2回にわたってご紹介した第165回患者塾。
「あなどっていませんか? 皮膚の病気」を昨日開催しました。

Img_1984

お陰さまで、50名を超えるご参加があり、会場は熱気ムンムン。
家族全員のご参加もあり、なかには小学生も。
予想したとおり、皮膚全般の話を専門医から聴く機会は少ないそうで、
皆さん、さまざまな疑問を抱えてのご参加。

ゲストの住友病院皮膚科部長・庄田裕紀子さんです。

Img_1920

まずは、皮膚にまつわるさまざまなお話を1時間半。
とてもわかりやすく、かつユーモアもたっぷりに、
熱く語ってくださいました!
参加者の皆さんは、時折大きくうなずきながら、
熱心に聴き入っておられました。

質疑応答は、今回は事前に質問紙をお配りし、
あらかじめ提出していただく形式。
ご自分で直接質問したいか、司会者から伝えてほしいのかを2択。
集まった質問紙は、28枚!
やっぱり皆さん、皮膚での悩みは多いんですね。
枚数は28枚でも、1枚に5つの質問があったりして、
50分で終わることができるだろうか・・・とヒヤヒヤ。

Img_1964

質疑応答だけ私・山口が司会を務め、
最初はスピードをあげ、やがて見通しが立ち
最後のほうは息が合ってきて、やや“かけ合い漫才”のように

終了後のアンケートからも、参加者の満足度の高さを痛感。
ゲストの庄田さんに、感謝、感謝の患者塾でした。
お話いただいた内容は、ニューズレター8月号でご紹介します。
この機会に、皆さんも会員になってお読みください!!

|

« とっても楽しみな患者塾の内容 | トップページ | 講座の前期もいよいよ中盤! »

ニュース」カテゴリの記事

山口育子」カテゴリの記事