« 集中豪雨で右往左往の出張 | トップページ | 文字通り“千客万来” »

昭和レトロな長崎皿うどん店

空港からのシャトルバスが昼過ぎに長崎駅前に到着。
昼食を…と商店街を歩いて、ちょっと迷って入ったお店。

Ts2d0606

入口も、満席の店内も、まさに昭和レトロ!
旅人らしき観光客は見当たらない、
地元の人の「行きつけの店」といったたたずまい。

心に決めてた皿うどんを迷わず注文。
ところが後から来る人は皆、当然のごとくに特性皿うどんを注文。
何が違うんだろうと気になってお店の人に聞いてみると、
中味の具がちよっぴり豪華(?)とのこと。
そして、「お客さんだったら並みで大丈夫!」。
しばし待って登場した山盛りの皿うどんを見て、うーん納得。

Ts2d06040001

特製を注文したお隣さんのテーブルには見事な大盛りが。
代金は並みが600円、特製は800円。
店に入るには少々勇気がいりましたが、満足満足。
美味しかった、ご馳走さま!
さあ、仕事、仕事!!

|

« 集中豪雨で右往左往の出張 | トップページ | 文字通り“千客万来” »

ニュース」カテゴリの記事

辻本好子」カテゴリの記事