« いよいよ講座も後半に入ります | トップページ | 昭和レトロな長崎皿うどん店 »

集中豪雨で右往左往の出張

7月21日は、九州地域の医療安全支援センター初任者研修会で
相談対応についてお話するため、博多に出張でした。

10時過ぎの新幹線を予約していたので、
少し早めに事務所に出て、9時半ぐらいまで仕事を
ところが、出勤してきた“みよし”から
「大雨の影響が山陽新幹線に出ているらしい」との情報。
インターネットでも詳細な情報がつかめず、仕事を切りあげて急ぎ新大阪駅へ。
すると、広島-小倉間で新幹線の運転を見合わせていると判明!
運転再開を待つ余裕はない! 
急きょ、新幹線のチケットは払い戻し。
事務所で飛行機の手配をしてもらって、伊丹空港へ移動

Img_1558

講演は13時半から。
飛行機は12時15分に博多空港に着く予定なので、ホッと一息。
ところが、到着機が遅れて、出発も遅れ、福岡空港への到着は35分も遅れ…
高温多湿の博多駅から徒歩10分弱の会場についたら、講演開始数分前。
演台のそばにバッグを置くなり、講演開始。
しばらくは、額から汗がボトッ、ボトッ

終了後、事務所から「新幹線の情報が得られない」と連絡を受け、
博多駅に直行して状況把握。
まだ新幹線の運転を見合わせていて、再開のメドも立っていない!
てっきり帰りは余裕で新幹線で帰れると思っていたのに
また、事務所に飛行機のインターネット予約を依頼。
空席は19時25分発しかなく、ともかく福岡空港へ。
17時50分発の伊丹空港行きと、18時5分発の関空行きの空席待ちをすることに。

「伊丹空港行きは50人以上待ちで、ほぼ無理」
「関空行きは28人目だけれど、76人乗りのプロペラ機だからたぶん無理」
そう言われても、執念深く待つことに。

空席待ちを予約しただけで待機していない人も多く、
伊丹空港行きは、私の直前で“満席”。
でも、関西空港行きにギリギリ滑り込めたのでした!

Img_1559

最後部の座席に座ると、隣はラガーマンのような体格の黒人のおにいちゃん。
窮屈そうに座っている姿が気の毒で、肘掛を後ろにしまい、
1.3倍ぐらい座席を使えるように端に詰めてあげたのですが・・・
機内の冷房がまったく気にならないほど、自然暖房してくれました
その関西空港行きも出発が遅れ、約30分遅れで関西空港に到着。
いやはや、何ともドタバタ出張。

新幹線の往復5時間で、みっちり仕事をしようと持って行ったパソコンは、
結局、ほとんど筋トレの道具にしかならず・・・
しかも、日曜日に48000歩も歩いた趣味の後遺症で、
大腿骨頭のまわりの筋肉は悲鳴をあげそうな筋肉痛。
何事もホドホドに、と自業自得の自分に言い聞かせるしかないのでした。

大雨で被害に遭われた山口地方の皆さん、
心よりお見舞い申しあげます。

|

« いよいよ講座も後半に入ります | トップページ | 昭和レトロな長崎皿うどん店 »

山口育子」カテゴリの記事

出張先にて」カテゴリの記事