« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

寒い雨と満開の桜

今日は、青森のある病院の講演会に招かれています。
大阪から青森へのフライトは1日2便。
  伊丹8:10→青森9:45
  伊丹17:10→青森18:45
何とも中途半端・・・
夕方の便では講演に間に合わず、早朝出発に。

青森空港の到着時の気温は3℃。
でも、青森ではいま桜が満開を迎えています。
そこで、ホテルに荷物を預け、市バスに乗って
合浦(がっぽ)公園へ向かいました。

Ts2d0574

まさに青森の桜は、いまが満開!!
しかし、どんより曇り空の下、寒さに震えながらの撮影です。

Ts2d0578

・・・と、ポツポツと冷たい雨が降り始めました。
遠くの山並みは、冬の名残りの雪帽子。
屋台が出ていても、ちょっと寂しい雰囲気。

Ts2d0581

ブルッ!! 寒さに耐えられず、早々に退散です。

|

ひたすら手を動かす日

今日は、COML正会員の総会の資料を発送しました。

2008年度の事業報告書や2009年度の事業計画書などなど、
全部で約1万枚の印刷!!

Img_1119

 

種類ごとにホッチキス止めをし、順番に組んで封筒へ。

Img_1127

ただ、この資料は数字や文字でギッシリ。
読んでいただくのも一苦労だと思います。

「COMLマニア検定」なるものを作ったら、
より積極的に<読もう!>という気持ちになってくださるんじゃないか、
などと戯言を言っていました。

そんなこんなで、夕方には作業が終わったのですが、
送料を安く抑える方法をとったので、配送日数がかかることになりました。
皆さんのお手元には、来週中にお届けできると思います。

なお総会は、フォーラムと同じ5月24日(日)の午前中に開催します。
正会員の方は、ぜひご出席ください!

|

5月24日皆さんが訪れる会場です!

5月24日(日)14時から開催のCOML医療フォーラムにご参加の皆さん!
これが会場の外観ですよ~。

Img_1491

愛称「ドーンセンター」。
今年3月末までは「大阪府立女性総合センター」が正式名称だったのですが、
4月から「大阪府立男女共同参画青少年センター」に。
大阪府の財政難による会場機能の統廃合の結果のようです。

フォーラムは「身近な病『がん』を理解しよう!」がテーマ。
ゲストに中川恵一さん(東京大学医学部附属病院緩和ケア診療部長)、
武田文和さん(元埼玉県立がんセンター総長)をお迎えします。
中川さんは、現在、毎日新聞に連載中で、
『がんのひみつ』というわかりやすい本の著者。
武田さんは、疼痛ケアの第一人者、つまり痛みの専門家。
『がんの痛みよ、さようなら! こうすればとれるがんの痛み』の著者です。

お二人をお迎えしておこなうフォーラム会場「ドーンセンター」は、
地下鉄谷町線・京阪本線「天満橋」駅から徒歩5~6分。
土佐堀通りを左にOMMビル、右に大阪歯科大学を見ながら東へ向かい、
「テレビ大阪」の看板が見えてきたら、
もうすぐ右前方に、先ほどの外観が見えてきます。

そして、そして、このような玄関口が迎えてくれます。
目に焼きつけておいてください。
間違えずにすみますヨ(何を間違えるのだろ・・・)。

Img_1495

お車でのお越しもOKです。
ただし、1時間400円かかります

Img_1494

というわけで、フォーラムまであと1ヵ月に迫りました。
今日は、会場との打ち合わせに行ってきました。
ドーンセンターのホールを利用するのは14年ぶり。
あぁ、COMLも歴史で語れるようになったんだなぁ・・・と感慨しきりでした。

皆さん、ぜひぜひフォーラムにご参加くださいネ!!!!

|

よりどりみどり! 西天満のランチ

ブログで再三「西天満界隈はおいしいランチの店が多い」と書いていますが、
今日はちょっと具体的に紹介。
今度、6月以降にある研修会に講師としてお招きいただく件で、
担当者がお昼の時間帯に打ち合わせに来られることになりました。
そこで、「ランチをご一緒に」とお誘いしたのですが、
せっかくだから、食べたいものを選んでいただこうと
つぎのような“ランチの選択肢”をご紹介しました。

和食(900円)
非常に丁寧なお料理を出してくれるお店。
日替わり定食と、いわしのつみれ、鶏弁当のなかから選ぶ。
手作りのふりかけ(かつお、いわし、ゆかり、梅肉、のり)や
具沢山のお味噌汁も美味。

和食(800円か1,000円)
さばの炭火焼(800円)が看板のお店だが、
お造り(1,000円)も新鮮で美味。
ほかに卵を3~4個使っているかと思しき出し巻き卵、てんぷら、煮魚定食もある。

Ts3j00010001

丼とうどん(800円~1,000円)
海鮮丼がお勧め(アボガド入り)。
親子丼も卵と鶏肉はこだわり。
セットでつくうどんは、とくに冷たいうどんが讃岐風で、
とてもこしのあるしっかりしたおいしい麺。

フレンチ(1,200円)
手の込みよう、ソースのアレンジ、味の良さなどを考えると、
ふつうなら3倍の値段がしそうな内容。
店内も知的でおしゃれな雰囲気。
味に感動しつつ、幸せな時間が過ごせるお店。

パスタ(900円)
大きなサラダと、イタリアンが競うこの界隈でも、
郡を抜いておいしいパスタ。
トマトソースのパスタがとくにお勧め。

上記は、甲乙つけがたいお店ばかり。
好みや嗜好によって1位が異なるんです。
ほかにも、山梨の有名店から暖簾分けされた絶品の蕎麦屋、
細麺の冷やしざるうどんやカレーうどん(餅入り)がおいしいうどん屋、
思う存分食べられる中華のバイキング(冷麺も美味)、
イカ墨ベースのカレー、などなど。
どうですか? よだれがジワ~、西天満を訪ねたくなりませんか?
具体的な店名など、どうぞCOMLにお問い合わせください!!

|

理事会を公開!

土曜日のできごと、です。

臨時開催がなければ、年に3回の定例理事会があります。
4月18日(土)は今年度第1回目の理事会。
いつもの形式として、理事長挨拶で理事会の幕は開きます。

Img_1111

理事は現在、9名。
今回は全員参加です。
お堅いのは初めだけ。
すぐに笑顔で場が和みます。

Img_1113

こうして2時間以上の会議が始まりました。
辻本の挨拶が終了すると、選手交代。
私がさまざまな議題の説明をし、司会進行していきます。

今回の議題は、
 *1ヵ月後に迫ったフォーラムの報告と確認。
 *大反響の「医療で活躍するボランティア養成講座」の報告。
   ・・・な、な、なんと、申込者数は120名を超えました
 *2008年度事業報告と決算
 *2009年度事業計画と予算
です。
内容は盛りだくさんで、総会に向けての大切な準備の理事会です。

理事のなかには、理事長(辻本)と専務理事(山口)も含まれています。
写真には8名しか写っていなかったですって???
そうです、辻本の挨拶の時間を利用して私は写真撮影
理事会のときはスタッフがお休みなので、大忙し。
資料を作って、お茶を入れて、写真も撮って、説明して、片づけて・・・
今回は理事の皆さんも手伝ってくださって、感謝。
理事会のときは、2人のスタッフの存在のありがたさを再認識するひととき
この場を借りて、いつも裏方の仕事をありがとう

|

COMLがクレーマー?

COMLが、というより
ほんとうは「山口がクレーマー?」が正しいのですが・・・

事務所があるビルは、健康増進法第25条に基づき「共用部分禁煙」
ところが時折、廊下や事務所内にもタバコの臭いが漂ってきます。
あるとき、屋上に設置されている喫煙コーナーが屋外ではなく、
階段の踊り場に灰皿を置いてあると発覚。
さらにビルの玄関口にも灰皿が置いてあるため、
ときには複数の人がたむろして喫煙コーナーになっているのです。

一応、喘息と診断されていて、タバコの煙で咳込む私は大迷惑。
タバコの煙大嫌いの辻本理事長殿から「不動産会社に言うべき
とお達しがあり、早速、ビルの持ち主である不動産会社にFAX送信。

「咳が誘発される健康被害」
「健康増進法第25条に反する」
の2本柱で屋上の喫煙コーナー改善と玄関の灰皿撤去を申し入れました。

申し入れから4日。
「何も反応ないね・・・」と言っていたら、
不動産会社から「お知らせ」の配付。

Img_1098

やはり伝えてみるものですね。
もちろん「困ったクレーマー」と思われないように、
苦情は感情的ではなく、
冷静に、丁寧にを心がけましたよ~

|

それぞれの人にドラマがある。

今朝は会報誌で私が担当している「広がれ!患者会のネットワーク」の取材のため、
自宅から直接、取材先へ向かいました。

約束の時間まで少しあったので、
近くの公園で“取材内容の整理”(緊張緩和とも言う)。

001

写真の奥には幼い子どもが2人、三輪車に乗って遊んでいます。

近くではお母さんたちがおしゃべり。

ベンチから空を仰げば、藤の花。

006

何の変哲もない、でも、かけがえのない日常の風景。


今日、お話を伺ったのは、
大阪市難聴者・中途失聴者協会 理事長の宇田二三子さん。

「それぞれの人にドラマがある」という一言が強く印象に残っています。

記事は来月号の会報誌に掲載予定です。



|

ほっと一息

電話相談ボランティアスタッフの方が作ってきてくださった
本日のおやつです!!

Img_1067

“フィナンシェ”です。

フィナンシェというのは、マドレーヌと似て非なるもので、
アーモンドパウダーが多めに入っています。

金塊の形であることが多いのですが、
今回は一口大のカップケーキ型。 かわいい

それぞれの上に乗っているのは、杏・プラム・クランベリーの三種類。
ほどよい甘酸っぱさが口に広がり、何個でも食べられそうでした♪

|

雨の老松町にて。

2009414_009

COML近くの老松町はアートの街。

もうすぐ第28回老松古美術祭が開催されるようです。



いつも行っている郵便局の前のギャラリーでは……

2009414_007

キャンバスいっぱいに並ぶWAKALiMASEN(わかりません)。

ギャラリーの入口に描かれた、その全貌は↓

2009414_003

今日から新しい個展が始まったようです。

ベルリン在住のフランス人女性作家
アガット・ド・バイヤンクールの個展 My so-called life in JAPAN

左にある青いのは携帯電話の充電器。需要があるのかなぁ…



|

SPセミナー日経新聞で紹介

日経新聞の読者の方はお気づきかもしれません。
3月20日のブログで紹介した
天理よろづ相談所病院の研修医対象SPセミナー。
そのときのことを含め、SPを紹介した記事が
昨日(4月12日)の日経新聞医療面に掲載されました。

Img_1050

結構大きな記事で、
COMLのセミナーの様子だけでなく、
模擬患者のアメリカでの歴史や日本での動き、
「岡山SP研究会」の模擬患者養成なども紹介されています。
紙面の3分の2を占めています。

Img_1048

日経新聞の記者さんは、セミナーを見学・取材し、
3月27日に私が取材を受けて詳しいことをお話し(3月27日のYamadaのブログ)、
別のところにも取材に行かれて、
昨日の掲載になったというわけです。

でも、反響はメールが1件だけ。
「医療で活躍するボランティア養成講座」の反響が、
いかにすごすぎるのかを改めて痛感する思いでした。
今日現在、講座の申し込みは、105名。
後期の申し込みも入り始めています。
ほんとうに、すごいです

|

COML最年少ボランティアスタッフ登場

COMLには幅広い年齢層の仲間がいますが、
今日ご紹介するのは最年少ボランティア、4歳児です。

Img_1039

今回は、次回のニューズレター発送時に同封するチラシの折り作業。
このほかにも、ニューズレターの発送作業や
フォーラムで参加者に資料を渡す役割などもこなします。

じつは、7年前までCOMLで働いていたスタッフの息子なんです。
母親のお腹のなかにいるころから事務所には通っていて、
すっかり「COMLの子」として皆にかわいがられています。
とてもしっかりしていて、よく気がつく、優しい男の子です。

言葉を話せるようになってから、
私のことを「山口さん」と呼んでくれていました。
私はてっきり、
「おばさんには見えないんだ」
「小さいのに個人を尊重してくれている」
と思っていました。
ところが、昨日判明しました、意外な事実が。

何と、彼は私が女性か男性かわからず、
ずっと「どっちかなぁ」と考えていたというのです。
髪が短いから?
力が強いから?
いずれも「そう・・・」と肯定。
何かまだほかにも理由はありそう・・・
だから「おばさん」とも「おじさん」とも呼べなかったんです。
う~ん、複雑。
女性だと教えても、納得できないようでした

|

電話が鳴り続ける。

今日は一日がアッッッという間でした。

なぜか…というと、読売新聞にボランティア養成講座の紹介記事が載ったから!

Img_1032

お問い合わせのお電話→FAXや郵送でのチラシの送付、
お申し込みのお電話→参加コース確認表の送付がエンドレスに続きました。

てんてこまい(死語?)でパニック寸前の一日ではありましたが、
本当にありがたいことだと思っています。

ちなみに、おかげさまで平日コースAは定員に達しました。



そして、これが取材の裏側。

2009325_009

2009325_013

記者のTさんにも、この場をお借りして「ありがとうございました」。



|

SP伝達

本日は、福島県立医科大学で、医学教育を担当している
循環器内科の准教授がいらっしゃいました。

Img_1021

新しくSP(模擬患者)グループを立ち上げたとのことで、
昨日は実際のセミナーの様子をご見学。
そして本日はSPの養成方法や、
設定の作り方、運営方法などについてお伝えしました。

現在、福島県立医科大学のSP候補者は15人。
「せっかく手を挙げてくださったボランティアの方なので、
モチベーションを維持して活動していただきたい」
と想いを語ってくださいました。

COMLとしても、何かお役に立てることがあれば…と、
できるだけご協力させていただくことに。

COMLがSP活動を始めた頃は
ほかにグループ化しているところはありませんでしたが、
現在は全国で約100ものグループが活動しています!!

|

COMLの舞台裏

「講座迷子にならないように」と昨日お伝えしておきながら・・・ですが、
最近は、COML自体が講座錯綜状態。
今朝から「フォーラムのチラシの最終広報はどうしよう?」と相談。
「身近な病『がん』を理解しよう!」
のチラシ。

Img_1487

これまでチラシを送ったところ、今後送る予定のところを確認。
残り何部の余裕があって、どこに送ると関心を持っていただけるか?

現在のスタッフは、この辺りの動きが素早いのが自慢です
話がとんとん拍子にまとまって、
すぐさまこの通り、作業が終わります。
今日も格安特別料金で発送

Img_1481

やはり、がん患者さんが集まるところに広報したい!
そこで、今回の発送の一部は、近畿のがん診療連携拠点病院に

Img_1483

がん診療連携拠点病院は今年4月に25病院が追加され、
現在、全国に375病院あります。
そのうち、近畿は55病院。
そのなかの「がん相談支援センター」の担当者に
お願いの文章とともに、チラシを同封しました。
少しでも多くの患者さんに手にしていただけますように

|

春到来! フォーラム、講座をお見逃しなく!!

先週までの寒さがようやく緩み、大阪にも春が
今日は忙しくて写真を撮りに行く時間はありませんでしたが、
昨日の中之島の「春」です。

Img_1473

中之島にある中央図書館前の桜が満開
この辺りは、写生のスポット
昨日も絵を趣味にする人の姿があちらこちらに。

中之島から北に進むと、裁判所が見えてきます。
裁判所に沿ってぐるりと回ると、そこにも「春」。
桜にボケの花、桃の花などが満開でした。

Img_1476

4日(土)の患者塾は雨模様で肌寒く、桜も寒そうに見えました。
でも、患者塾は40名近くの参加者で、
阪大のがん看護専門看護師・田墨惠子さんのお話も好評。
とてもわかりやすく、かつ楽しいお話でした。
参加されなかった方は、残念でした

今日も「医療で活躍するボランティア養成講座」の問い合わせ多数。
参加申し込みも増え続けています。
現段階で、参加者総数は60名近く。
最初に設定した4コース、定員15名ならもう満員の人数。
皆さんの医療への関心の高さを痛感しています。

でも、その前に控えているのはフォーラムです。
3月、4月で「がん」をとりあげた集大成。
とはいえ、患者塾に参加されなかった方にも十分満足していただける内容です。
いま一度、がんについて正しく学ぶ機会にしませんか?
5月24日(日)14:00~16:30、ドーンセンターで開催する
「身近な病『がん』を理解しよう!」にぜひご参加ください!!

おっとっと その前に「患者のためのコミュニケーション講座」もあります。
今年度最初の基礎講座。そちらも、ぜひ!!

今年のCOMLは講座が多くて・・・
皆さん「講座迷子」にならないように、ご注意を

|

講座が大反響 大ニュースです!!

今朝の朝日新聞で
「医療で活躍するボランティア養成講座」が紹介されました!!

Img_0903

たぶん、関西を中心にしたエリアだと思います。
それでも予想を超える大きな反響で、
朝から電話による問い合わせや申し込みが休む間もなく続いています
「先着15名」と紹介されたからか、とても反応が早い!

アッという間に当初の定員に近づき、慌てました。
まず、定員を増やす予定です。
いまのところ、各コース15名を20~25名に。

そして、そして、一大決心をしました。
最も申し込みの多い「平日コース」をもう1コース追加!!
何と、夜間コースの実施日をダブルヘッダーに。
そして、「平日コースA」と「平日コースB」とし、
すでにブログ内の講座のご案内や
ダウンロードできるスケジュール表や申し込み用紙も変更してあります。
皆さん、ご覧くださいね。

ということで、合計39回の予定だった今年度の講座は、
何と44回に
すばらしい・・・
まだ開始まで2ヵ月あるというのに、嬉しい悲鳴です。
昨日も別の新聞社の取材を受け、
何と写真入りでさらに大きく紹介と聞いています。
まだまだ反響は続きそう。
新しく始める講座が最初から勢いづいて、やる気満々です

Img_0904

|

最寄駅がいっぱい?

大阪の鉄道は、JRと数社の私鉄、市営地下鉄があります。
これまでCOMLの最寄駅は、
  JRだと「大阪」駅か「大阪天満宮」駅。
  私鉄は、阪急、阪神「梅田」駅か京阪本線「淀屋橋」駅。
  地下鉄だと谷町線・堺筋線「南森町」駅でした。
どうです、こんなにたくさん最寄駅があるなんて、都会でしょ?
という自慢話ではありません。

最近、もう一つ最寄駅ができたんです。
それは、京阪中之島線「なにわ橋」駅。

Img_1467

京阪「天満橋」駅から
なにわ橋」→「大江橋」→「渡辺橋」→「中之島」駅へと結びます。

今日は、「中之島」駅で降りて、
大阪国際会議場の近くに用事で出かけました。
中之島」駅は、木目調でとても温かいイメージ。

Img_1451

振り替えると、改札付近。

Img_1452

手すりも、ちょっと変わった趣向です。
動いて波打っているわけではありません。
一応(?)固定されています。

Img_1450

用事が終わって、事務所の最寄駅「なにわ橋」へ。

Img_1460

改札付近は天井が高くて、おしゃれ。

Img_1463

出口までのエスカレーターを上っていくと、
中央公会堂が目の前に見えてくるんですよ。

Img_1466

最近大阪では、なんばと尼崎を結ぶ新しい線も開通しました。
ますます便利になっていいのですが、採算とれるのか、ちょっと心配。

今度事務所にいらっしゃるとき、何線を利用されますか?

|

いよいよスタート!! 激走の2009年度

4月1日、いよいよ2009年度が始まりました!!

Img_0874

このカレンダーはCOML事務所スタッフの愛用カレンダー。
じつは、札幌のある弁護士さんが撮影した、
北の大地の自然美が存分に楽しめるカレンダーなのです。
1年間の撮影で溜めた写真のなかからセレクトされた12枚でカレンダーを作成し
毎年送ってくださいます。
趣味の域を超え、写真の腕はプロ級。
毎日、写真の自然美に癒されています

さぁ、いよいよです。
COMLは例年以上にハードな1年が始まります。
日常の活動+39回に及ぶ「医療で活躍するボランティア養成講座」。
新年度を迎えた今朝、気持ちが引き締まるような緊張感と高揚感を覚えました。

ボランティア養成講座の広報活動を始めたところ、
これまでおつきあいのあったボランティア・NPO関係の団体、
臨床心理学系の教授、マスメディアの方々などから、
とても高い関心を寄せていただき、即広報協力に動いてくださいました。
メーリングリストや出版社など、各方面に積極的に紹介してくださっています。
マスメディアの取材依頼も増えてきました。

講座の開始は6月なのに、すでに全コース合わせれば
参加申し込み者は20数名。
問い合わせも毎日のように届いています。
嬉しい悲鳴と同時に、
期待に応えなければという使命感で満たされています

さぁ! 今年度、走って走って、充実した1年を完走します

|

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »