トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

シンポジウムに参加してきました

COMLの電話相談ボランティアスタッフとスタッフは、
毎月、相談勉強会を開いています。

いつもは事務所で、相談に必要な情報などを学んでいるのですが、
今日は、日本赤十字社主催のシンポジウムに参加することを
勉強の場としてきました。

003

プログラムは

1)海外における医療救援活動と輸血
2)輸血医療の安全対策の到達点と今後の課題
3)大阪におけるHIVの現状
4)AIDSの治療薬の研究・開発と臨床の最新の話題

と、いずれも密度の濃~い充実したお話でした。

009

COMLにかかってくる電話相談のなかで、
輸血に関する内容は少ないので、
これまであまり耳にしていなかったお話が聞けて、
大変勉強になりました。

とくに1では、スーダンで撮影された映像も交えてのお話だったので、
理解しやすかったです。

2では、輸血の安全対策が整ってきたのが、
私が思っていたより最近のことだと知りました。

3では、さまざまな立場のシンポジストが、
グラフや画像を使って、大阪のHIVの現状を語ってくださいました。

4は…すみません。
その後の仕事の関係で、中座させていただきましたm(_ _)m

なお場所は、先日山口が写真をアップした中央公会堂。
外観だけでなく、中に入っても非常に趣がありますよ~。

|

日常のひとコマ②

事務所の私の机の上。
「片付けられない女」・・・ではありません。
現在、「医療で活躍するボランティア養成講座」のテキストを
鋭意作成中、です!!

Img_0117

19年間のCOMLで蓄積したデータや情報の総決算。
とはいえ、いざテキストを作成するとなると、
調べものや確認作業が山のよう・・・
日々没頭しておりますです。

講座の開始は6月なのに、連日の申し込みが届いています。
ありがたい、そして少しプレッシャー

あっ!! 5月24日(日)に開催するCOML医療フォーラムのチラシがまだだった!!
と先日気づき、これも鋭意作成中。
講座よりフォーラムが先にやってくるのに・・・反省。
ちなみに、今度のフォーラムのテーマは、
『身近な病い「がん」を理解しよう!』
ゲストは、中川恵一さんと武田文和さん。
14:00~16:30、会場は大阪のドーンセンターです。
また、改めてご案内します!!

|

癒しのCOML界隈①

COMLの事務所があるのは、大阪市北区西天満(にしてんま)。
近くには、大阪天満宮、繁昌亭、大阪高裁地裁、中之島などがあります。

そこでジャーン!!
今日は「中央公会堂」を紹介します。
ライトアップされた夜は、とくに美しい・・・

Photo

じつは、この写真、何を隠そう私の作品。
うまく撮れた!! と喜んでいたら、
SP仲間(本職は映画監督さん)に「身体が三脚だからこそ撮れた作品」と・・・

中央公会堂は中之島にあって、ホールや会議室を備えています。
中之島は堂島川と土佐堀川に挟まれていて、
とても風情ある癒しの景色。
まるでタイムスリップしたか、
外国にでも行ったかのよう。
しばし、ご堪能あれ。

|

おいり登場。

今日のおやつは、山口の高松出張みやげ(詳しくはおとといの記事をどうぞ)。

奥にあるのは、愛媛県は一六本舗の「一六タルト」。
そのまわりにある可愛い丸いのが、私の出身地、香川県は山下おいり本舗の「おいり」です。

2009225_009

このおいりは直径1㎝ほどで7色あります(写真+オレンジ)。

あられのように見えるかもしれませんが、まったく違います。

ボランティアの方曰く、「淡~い」食感。

山口曰く、「霞を食べている」感じ。

これは詰まるところ、“噛まなくても、舌で押さえると容積がなくなる”感じだそう。

可愛いこの一品、ぜひ香川みやげにドウゾ。



|

事務所プチ紹介

今日は来客も会議もなく、
スタッフはそれぞれコツコツ自分の仕事をしていました。

というわけで、本日はCOML事務所のプチ紹介です。

①沖縄のシーサー

Img_0099

辻本の講演先から「連絡担当だった山口さんに」とのプレゼント。
COML事務所のカウンターに鎮座しています。

魔除けや幸運を招く意味があるそうです。
「どうぞよろしくお願いします」

 

②十勝石で作られた、幸福のフクロウ

002

これも辻本が出張先でいただきました。

辻本は不在がちなので、私の机の上で
幸せを見守ってくれています。

「よ… よろしくお願いします」

|

ハラハラドキドキの高松出張

2月21日(土)は、午後から香川県の依頼で高松に出張しました。
そうです。いま受精卵取り違え事件で騒がれている渦中の香川です。
仕事の内容は、医療相談担当者研修会での講演でした。

Img_1376

COMLでは明確に仕事の役割分担をしていて、
基本的に講演は理事長・辻本好子の担当です。
ただ、相談対応や模擬患者、病院探検隊などの説明といった内容の依頼には、
限定的に私・山口育子が伺うこともあります。
ただし、土日祝に限り、です。
平日は、相談の最終責任者として事務所に詰めています。
たまに外出する仕事もありますが、3~4時間で戻ってきます。

21日も午前中は事務所で相談対応。
ギリギリの時間に飛び出して、新大阪に向かったら
人身事故で新幹線が遅れていて、ヒヤヒヤ・・・
おまけに、留萌から大阪に戻る予定の辻本がいる北海道は暴風雪。
午前中の情報では、フライト予定便は「天候調査中」。
つまり、飛ぶか飛ばないかわからない状況です。
いつもなら私が調べて辻本に連絡するのに、ダブル出張で「連絡できない」!
そこで、スタッフ「みよし」が中継点で2人に随時連絡することに。

新幹線の遅れはさほど影響せず、無事「岡山」駅に到着。
マリンライナー号に乗り換えて「高松」に向かいます。
瀬戸大橋を通過中。
美しい瀬戸内海もこの日は靄がかかっていました。

Img_1374

会場に着くまで北海道の交通状況のやりとりでバタバタ。
飛行機が飛ぶかどうかハラハラしつつも、あとは「みよし」に任せて、14時30分に会場へ。
15時から1時間半の講演を済ませて出てくると、携帯に6通のメール連絡。
一時は暴風雪が再来し欠航になりそうでホテルの確保もしたけれど、
滑走路がオープンになってフライト予定便が飛ぶことに!!
事務所に電話を入れたら、辻本は札幌から新千歳空港に移動しているとわかってホッ。
約1時間遅れながら、無事出発するとのことでした。

香川県出身の「みよし」によると、
「香川県民はお金が落ちていないかと皆下を向いて歩いていると以前揶揄された」らしい。
いえいえ、皆さん、しっかり前を向いて歩いておられました!!

Img_1375

マリンライナー号の指定席はホームより低い位置。
2階建てで、2階はグリーン席です。
わかります? 目の上を人が歩いていきます。

Img_1379

さぁ、高松出発! 帰途に着きます。
暮れなずむ瀬戸大橋から見た瀬戸内海。
マリンライナー号が高速で、写りが・・・

Img_1389

さて、COML会員の方はご記憶におありかと思いますが、
ニューズレター2008年7月号の12ページ「センターだより」で
(菜)こと「みよし」が書いた香川名物「おいり」。
香川県西部の西讃に伝わるお嫁入りのときに配られるお菓子だそうです。
駅のお土産売り場で見つけ、中継地点でがんばった「みよし」へのお土産としました

Img_1393

|

白銀の留萌より

出張先の辻本から、写真とメッセージ届きました。
今日は、北海道の「留萌」に行っています。
「留萌」--読めますか? 「るもい」です。
JRのみどりの窓口の職員も読めなかったんですよ~。
北海道の日本海に面した街です。
COMLで仕事をしていると、地名やローカル線にも詳しくなります。
ということで、またまた、山口の代筆です。

今日は18時から、留萌市立病院、
そして明日は午前中、北海道看護協会留萌支部の講演に招かれています。

札幌から函館本線で約1時間で深川。
深川で留萌本線に乗り換え、留萌まで1時間弱。
留萌駅前の商店街・・・
だ~れも歩いていない道を独りトボトボ・・・
荷物を入れたカートを引きずりながら宿に向かいます。

Ts2d0547

留萌は一面の銀世界。
見事なパウダースノーです。
吐く息も凍りつきそう!!

Ts2d0545

明日は留萌は「暴風雪」との天気予報。
列車の遅れ、飛行機の欠航が心配・・・
はてさて、無事に午後の移動で大阪に戻れますでしょうか。

|

お昼休み

今日は長いおつきあいの看護師さんがお昼に事務所へ。
一緒にランチに行きました。

これが、西天満(にしてんま)にある老松通り。

Img_1365

雑居ビルと古美術品店が渾然一体となり、
多くのおいしいお店がそこかしこにあります。
ちなみに、裁判所の近くなので、
ビルのテナントの多くは法律事務所。

今日選んだお店は、10種類の小鉢が並んで、
ご飯とお味噌汁つきで1,000円というメニューがあるお店。
どれから食べようか、目にも嬉しいランチです。
ところがところが、着いてみると「しばらくの間休業します」との貼り紙・・・
やはり、あの値段であの味、品数には無理があったかとショック・・・

気持ちを切り替えて、知る人ぞ知る和食のお店に方向転換。
今日のサービス定食「さけ木の芽やき」をいただきました。
写真撮影は控えたので、皆さんの想像にお任せするしか・・・

事務所に戻ると、中で食事をしていたスタッフに加え男性の笑い声が・・・
古くからのお仲間が来室されていました。
趣味で撮っていらっしゃる写真の「COMLギャラリー」の作品交換に。
今日届いたのは、大阪城梅林の「紅梅」「白梅」。
早速飾っています。

Img_1371

ボランティアの皆さんと熱い写真談義。
事務所はしばしにぎやかな空気に包まれました。

Img_1370

あ、でも、シビアな会議をしているときや
電話対応に追われているときもありますので、
ご来訪の際は、ぜひご一報を!!

|

本日のおやつ

COMLの電話相談ボランティアスタッフのなかに、

ケーキの先生をしている方がいます。

“超~”おいしいケーキを、時折焼いてきてくださって、

そのたび大感動!!!

普段甘いものを食べない山口も、この方のケーキは甘さ控えめで大絶賛です。

辻本もケーキをいただいた日にタイミングよく事務所にいると、大感激

というわけで、昨日その方にいただいたケーキです。じゃーん。

Img_0096

大きな栗の入ったチョコケーキ

辻本は不在で食べられず・・・

ほかのスタッフは、もちろんとってもおいしく頂戴しました

|

日常のひとコマ①

今日は、会議に出席するため午後から神戸に出かけました。
さまざまな外部の委員は、ほとんど理事長・辻本好子の役割ですが、
地元の委員会などのいくつかは、私も役割を担っています。

その一つが、今年4月から独立行政法人化する神戸市立病院の委員会。
正式には「地方独立行政法人神戸市民病院機構評価委員会」の委員です。
今日は法人の中期計画(案)の最終審議でした。
固いことばばかり、難しい漢字ばかりで、すみません・・・。

会議の会場は神戸市立医療センター中央市民病院。
三ノ宮からポートライナーに乗り「市民病院前」下車。

Img_1355

中央市民病院は2011年に2つ先の駅に新築移転する予定。
「市民病院前」っていう駅名はどうなるんだろう・・・と素朴な疑問が。

「会議の様子、写真に撮ってきてくださいヨ」
「神戸市の担当者とスナップ写真でも!」
とスタッフに言われましたが、とんでもない!!
そんなオチャラケのできる会議ではありません。
法人の理事長予定者、各病院の院長、事務長、
神戸市の職員がズラ~と並ぶ緊張感ある委員会です。
だから、内容は飛ばします。

いつもより早く終わって、急いで事務所に帰りましょう。
三ノ宮駅周辺は見向きもせず、乗り換えのみの素通り。

Img_1354

JR三ノ宮駅のホームで、待っているときの景色、共有してください。

Img_1356

時折、三ノ宮で合流する阪急電車が通過していきます。

Img_1357

15時45分、「ただいまぁ~」と事務所に戻り、これからひと仕事です。
留守していた間にかかってきた連絡の再電話に17時まで対応。
アフターファイブは、事務的な仕事やメールのお返事。
そして今日は20時から、別の会議です~!!

COMLの、というか私の日常のひとコマを披露しました。

|

今日の猫 その1

会計業務のため、私はほぼ毎日、銀行や郵便局などに行っています。

今日はそのときによく会う猫をご紹介します。

Img_0206

いつも甘味処の前で、お行儀良く丸まっています。

可愛い。



|

新しい講座に全力投球!!

会員の皆さまのお手元に、
ニューズレター2月号が届いたころだと思います。
「医療で活躍するボランティア養成講座」のチラシを同封したのですが、
ご覧になっていただけましたでしょうか?

こんなチラシです!

2009210_017_3

ホームページやブログからも、
講座の紹介ページにリンクできるようにしてあります。
ともかく、今年エネルギーを注いで準備している講座です。
そして、これからも継続して取り組んでいく講座です。
できるだけ多くの人に参加してもらい、
自分たちの地域の医療を考える人の輪を広げたいと思っています。

いまは6月の講座開始に向けて、
テキストとスライド作りに精を出しています。
COMLで19年間蓄積してきた情報と、
活動内容と、
データを総決算して臨む講座です。

講座は7回おこない、連続参加でも選択参加でもOK。
また、いろんな曜日や時間帯を選んでいただけるように
「平日コース」「夜間コース」「土日コース」を設け、
遠方やまとまった休みしかとれない方用に前期は「夏休みコース」も。
「講座1」は平日コースで、「講座2~5」は夜間コース、などと
コースをまたがっての参加も可能。

お知り合いなどにご紹介くださる場合は、
ご連絡いただければチラシもまとめてお送りできます。

いまのところ、年齢、職業、性別など一切問いません。
ただ、日本語を理解できる方が望ましいです。
残念ながら、COMLに通訳できるスタッフ・・・いませんので。

あなたもご一緒に、医療について勉強しませんか?
詳しくは、「医療で活躍するボランティア養成講座」をご覧ください。
ご参加をお待ちしています!!

 

|

ステップアップ講座 2回目

今日は事務所で「患者のためのコミュニケーション講座」を開催しました。

今回はステップアップ講座という3回連続講座の2回目。
(基礎講座という1回限りの講座もあります)

今年のステップアップ講座はなぜか女性ばかり。

顔を合わせるのも2回目とあって、ディスカッションも和気あいあい、かつスムーズ。

2009214_016

この講座は実際にご参加いただいて体感してほしいので、
詳しく内容はお伝えしませんが……
みなさんのこの神妙な顔つき……何を点数評価しているのでしょうか。

2009214_040

講師は事務局長、山口。

2009214_044

スケジュール次第では出前講座にも伺いますヨ



|

バレンタインイブ

明日はバレンタインです。

今年は逆チョコが流行っているそうですが、
女性しかいないコムルでは、逆も正式もありません

ですが今日のお昼の休憩時間、
かわいいチョコを売っていたので、衝動買いをしました。

Img_0029

「黒豆チョコレート」
千鳥屋という和菓子屋さんで売っていました。

ブランデー漬けの黒豆をチョコでくるんで、ココアがまぶしてあります。
お酒の味はあまりしませんが、甘すぎず、大人の味(?)で皆にも好評でした。

……医療とはまったく関係のない話題ですみません。
それでは~

|

辻本好子初登場、ですが・・・

ほんとうは、「ただいまぁ~」と笑顔で戻ってきた写真を
皆さんにご紹介しようと思っていたのですが・・・

じつは、昨日から続くハードスケジュール。
昨夜、神戸で講演して、東京へ移動。
東京には23時ごろ到着して、今朝の会議に出席。
トンボ帰りで大阪に戻って、15時過ぎから講演。
そして、事務所に戻ってきたのでした。

事務所に着いたころには、辻本はヘトヘト。
せっかくのご紹介なのに、疲れた表情も憚られ、
今日は大阪府の方たちと打ち合わせしている横顔でお許しください。

Img_0026

このように、辻本は日々、東奔西走。
講演や会議など、出張中心の仕事が役割です。

ふぅ・・・、
これで一応スタッフ全員のご紹介が相済みましてございます。

|

第2の我が家「御茶ノ水」

なかなか事務所に戻れないので、
出張先からのメッセージです(山口代筆しま~す!)。

東京出張で利用する定宿は、御茶ノ水にあるホテル。
近くの湯島天神では、今朝、白梅が満開!!
紅梅は三分咲き。

Ts2d0525_3

今日は10時から文部科学省の会議に出席。
1時間で中座して、大阪の講演先に。
その後、事務所に戻って、大阪府の会議の事前説明です。

山口註
いよいよ夕方には、ブログに辻本の姿が登場します。
乞うご期待!!

|

放映されたものの・・・

「取材が2件!!」で紹介した撮影シーン。
今日は、その放映日。
朝日放送のNEWS「ゆう」の関西圏で放送されました。

「木曜シリーズ ウラドリ’09」
何ともおどろおどろしい始まりに、煽る内容ではと不安が・・・

2009212_001

シリーズが始まって約3分後、COMLのドアが映り
つづいて、記者の訪問を受ける三好の受付姿が。
残念ながら、カメラに収められず・・・

つづいて、短~い私(山口)のコメント。
アップはやめてぇ~っ!!
あぁ、肌が荒れているぅ~!!

2009212_003

カメラの電池が突然切れ、バタバタしているうちにシリーズ終了。
テレビって、ほんの一部のコメントが使われるだけだから、
取材を受けるのは、ほんとうに怖いんです。
放送されると、どの発言を紹介されるのだろうとドキドキ。
一部だけだと、誤解を招く内容ににもなりかねないですから。

結局、COMLが何かもわからないままでした。
残念・・・

|

ニューズレターを折る。

毎月15日、会員の皆さまにお届けしているCOMLのニューズレター。
(今月は曜日の関係上、13日の発送です)

2月号(№222)が今日、印刷会社から事務所に届きました。

2009210_004

開けると……こんな感じ。

2009210_010

これを皆さんのお手元に届くときのように、半分に折ります。

2009210_012

ちょっと休憩。(というわけではなく、電話に出ています)

2009210_018

完成~。左側の束が巨匠・山口作。右側が弱小・みよし作。差は歴然。

2009210_037

お手元に届くまで、もう少しお待ち下さい。



|

患者塾(スタッフ紹介を兼ねて)

  「昨日のできごと」になってしまいましたが……。
いつもは第1土曜日に開催しているミニセミナー「患者塾」。
第161回は諸事情があって、2月8日(日)に開催しました。

患者塾の受付担当は、スタッフの山田彩乃。
恥ずかしがり屋なので、今日のところはこれだけの露出で。

Img_9764_2

初参加者向けのオリエンテーションは、私(山口育子)の担当。
スタッフは皆自分の役割に大忙しなので、
オリエンテーションの写真は、ありません~!

今回のテーマは「中高年に多い病気と健康法」。
話題提供のあと、今回は質疑応答をおこないました。

参加者の質問を聴くゲスト。
この会の詳細は、ニューズレター3月号をお楽しみに。

Img_9814_2

患者塾の司会を担う担当スタッフは、三好菜々。
遠景写真のみ本人の了解を得ました。
わかります? ゲストの横に立つ茶色のスーツ姿、です。

スタッフ紹介、残るは理事長の辻本好子。
「なぜ登場しないの?」との質問も届きましたが、
講演、会議で事務所に戻ってきていないのが最大の理由です。
そのうちに……。

そう、COMLスタッフはたった4人だけなのです。

|

毎年研修医を受け入れています。

医師臨床研修制度が義務化されて今年で5年目。
必修の研修内容のなかには1ヵ月の「地域医療」があります。
じつは、りんくう医療センター市立泉佐野病院の地域医療研修のうち、
1週間はCOMLが受け皿になっていて、2年目研修医が毎年研修に訪れます。

研修内容は、
①ミニセミナー「患者塾」への参加、
②事務所で相談対応を聴く(4日間)、
③課題に対してリポート作成、
④ロールプレイと模擬患者との模擬診察
と、1週間ながら盛りだくさん。

お楽しみは、グルメなお店が多い西天満界隈のランチ。
これが研修医の間で毎年の申し送りになっていて、
「1,000円以下でおいしいランチが食べられる」
ことを楽しみにやってくる人も。
10日以上はランチツアーができるほど候補店が多いなか、
やって来た研修医の好みを聞いて5店に絞り込むのも、
私の大切な役割です。
おいしいランチを食べながら、
研修医のホンネや悩みを聴くこともしばしば。
リラックスしてコミュニケーションをとる貴重な時間になっています。

今年も合計8人が研修にやって来ました。
毎年のことながら、最後に提出されるリポートには、
さまざまな「気づき」が綴られています。
1月の最終週が研修期間だった2人も、
とても素敵なリポートを書いてくれました。
なかでも
「電話相談をもし自分が対応したら、聴くだけでは飽き足らず、
相談者の考え方を変えたいと思ったり、感情的になったりしてしまうだろう。
しかし、聴くだけで語調が変わることを知りし、
聴くことの絶大な効果を感じた。聴くことは奥深いと感じた」
といった感想が添えられていて、日常の電話相談に対応する
私たちスタッフのほうが勇気づけられる思いでした。

これまでにも、患者さんから責められたり、無理難題を言われて、
患者とのコミュニケーションをとるのが怖くなっていた研修医が、
COMLの研修で聴くことの大切さを実感し、
「救急外来で患者さんに向き合う姿勢を変えたら、
心の底からの『ありがとう』を聴くことができた。
自分の姿勢次第だと実感した」
といった後日談も寄せられています。
研修医も悩みながら、何とかいいドクターになりたい
と努力していることをなまで感じさせてもらっています。

若い人たちが多くの気づきを得てイキイキする姿を間近で見るのは嬉しいもの。
そんな意欲的な研修の応援団でもありたいと思っています。

|

今日も取材。

今日は朝日新聞(大阪)の記者の方です。

↓山口メガネバージョン。

200926_002

まじめなこの雰囲気。テーマは「新型インフルエンザ」……むずかしそう。

記事にはならないようですので、悪しからず。



さてさて、“事務局長”山口は何歳に見えましたか???



答えは……私からは言えません……悪しからず。



|

SP(模擬患者)メンバーの例会

SP(模擬患者)のメンバーは全員で30名ほど。
1~2ヵ月に1回、皆で集まって話し合いをしています。
一昨日は、その例会の日。

Img_9716_2

それぞれのメンバーが行ったセミナーで感じたこと、
共有しておきたいことなどを話し合っています。

それから、いまは「OSCE(オスキー)」といって、
医学生が臨床実習に出るにあたっての
言わば“仮免許”試験の時期。
連日COMLのSPメンバーがいろんな大学に伺っています。

今日もどこかでCOMLのSP。
心に刻んでおいてくださいませ。
それではまた~

|

取材が2件!

事務所でテレビと雑誌の取材がありました。

●テレビ

朝日放送 NEWSゆう(関西ローカル)

↓撮影前の図。カメラマンは山口によるとSMAPの中居くん似。

200925_007 200925_009

放送予定は2月12日(木)午後6時17~54分の番組内のどこか、とのことです。

●雑誌

じほう

↓薬剤師さんのことについて、取材を受ける山口。

200925_016 200925_028

掲載は「PharmaNext(ファーマネクスト)」…何月号かは後日お知らせします。



|

自己紹介しま~す!!

「COML(コムル)のブログへようこそ!!」でご挨拶した山口育子です。
と言っても、「山口育子ってだれ?」と思う方が大多数だと思いますので、
まずは自己紹介です。

COMLのスタッフとして働き始めて18年目になります。
一応、肩書は「専務理事」兼「事務局長」ですが、
「専務理事」は何だかもっと年配の方のイメージがあるため、
いつもは「事務局長」のみで通しています。
年齢は…「取材が2件!」の写真で、取材を受けているのが私です。
どうぞ年齢を予想してみてください。

COMLとの出会いは、朝日新聞に載った「COML発足1年」の記事でした。
ちょうどそのとき、私は入退院している患者体験真っ只中。
COMLがスタートした1990年9月に卵巣がんを発病し、
それまでの健康優良児から一転、濃~い患者となって、
手術や化学療法といった治療を受けている最中でした。

それまで縁がなかった医療界にどっぷり浸かり、
病名や病状を知ることすらままならない当時の閉鎖性を実感。
自分のことは自分で決めることが当たり前と思って生活していた私としては、
とってもカルチャーショックでした。
それに医療現場のコミュニケーションの問題も痛感。
そんなときに、COMLを紹介する記事に出会ったのです。

新聞記事に載っていた現理事長の辻本好子のコメントに共感し、
私の思いを手紙に書いて送ったのが出会いの第一歩。
いまとなっては、COMLで仕事をするために卵巣がん患者として
病院で1年半に及ぶ研修を受けていたようなものだと思っています。
そして、辻本やCOMLと出会い、
卵巣がんは私にとって幸せの使者だと心から思いました。
いまでは、すっかり「がん患者」は抜けきっておりますが…。

もともと能天気なのか、物事を後ろ向きに考えない性格で、
どんなことにも必ずプラス面はある、
人間やってやれないことはない! を心情に、
ひたすらCOMLで走り続けてきた18年でした。

いまは事務局長として、電話相談の最終責任者、編集、渉外など
COMLの活動全般をまとめていくことが役割です。
今年は新たな事業である「医療で活躍するボランティア養成講座」
の担当者として、さらに速度をあげて走り続けるつもりです。
これからもときどき事務所のこぼれ話やトピックを紹介していきますので、
どうぞよろしくお願いします。

|

COML(コムル)のブログへようこそ!!

ホームページやニューズレターは、COMLのオフィシャルサイト。
こぼれ話や日常のホンネ、事務所の実態(?)などは、
なかなかご紹介できません。
唯一、ニューズレターのセンターだより(ホームページでも
「ニューズレター」のページで毎月紹介)がスタッフのなまの声を
お届けしているコーナーですが、月1回の頻度です。

そこで、もっとCOMLを身近に感じていただこうと、
COML(コムル)のブログを立ちあげることになりました。

これから事務所やスタッフの日常、
活動のなかでのこぼれ話、
もっと知っていただきたいことなどを
どんどんご紹介していきます。

「もっとこんなことも紹介して!」とか
「この続きはどうなったの?」
などというご意見ご要望がありましたら、
COMLのメールでお知らせください。

楽しくて、COMLに親近感を持っていただけるブログに
育てていきたいと思っています。
どうぞ、あなたの「お気に入りブログ」の一つに加えてくださいね。

|

トップページ | 2009年3月 »